2019.04.15日本酒を知ろう , 沢の鶴の日本酒

樽酒とは?縁起の良いお酒で結婚式やパーティーで鏡開きのお祝いをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹勺の置かれた樽酒
お正月になると、鏡開きの演出を一度でも目にしたことある方が多いのではないでしょうか。
樽酒を木槌で割り開く鏡開きは、お正月だけでなく、結婚式やパーティーの演出としても行われています。お祝いの席で行われる鏡開きは、どんな意味があるのでしょうか?

今回は、樽酒のサイズや容量、鏡開きの本来の意味や、樽酒が縁起の良いお酒といわれている理由などについてお伝えします。

自宅で樽酒を楽しむために賞味期限やおすすめの商品などについてもご紹介してまいります。

樽酒とは?

竹勺の置かれた樽酒樽酒とは、日本酒をヒノキや杉の樽に入れて、木の香りをほのかにつけたものです。

樽に入れておく日数は気温や湿度などを考慮して決定され、多くの樽種では2~14日ほどです。あまりにも長く樽の中に入れたままにしていると木の香りが日本酒に強く移ってしまい、日本酒本来の香りが損なわれるので、長年の経験により期間は調整されています。

樽種が飲まれるようになった由来は織田信長などの武将がいた安土桃山時代までさかのぼります。

それまで日本酒は甕(かめ)で造られていましたが、安土桃山時代になって日本酒が広く飲まれるようになったことにより甕(かめ)で日本酒を造っていると製造が間に合わなくなりました。
そこでヒノキや杉で造った樽で日本酒が造られるようになり、樽酒として日本酒を飲む文化が広まっていったといわれています。

樽酒にはいくつかのサイズがあり、それぞれ容量が異なります。

樽酒のサイズ・容量

酒樽のサイズや容量は、酒造メーカーや蔵元ごとに商品が異なるため、ここでは一般的な目安としてのサイズ・容量をご紹介します。

化粧菰(こも)を巻いた本荷樽の容量は、18リットル、36リットル、72リットルが一般的です。
仮に一人分を一合升に注ぐとすると、日本酒一合は180ミリリットルですから、18リットルで、100杯分。36リットルで200杯分、72リットルで400杯分の計算になります。

また、樽酒のサイズの呼称として、18リットルは「1斗樽」、36リットルは「2斗樽」、72リットルは「4斗樽」とも呼ばれます。菰を巻いた樽は「菰樽(こもだる)」といい、お祝いの際に鏡開きで使用されるものです。

「鏡開きで使う際に見栄えは大きい方が良いが、人数は少ないので中味の日本酒は少ない方が良い」という場合には、菰樽を底上げして半分の量だけ日本酒が入れられる特製樽などもあり、この場合4斗樽(72リットル)サイズの容量は36リットルとなります。

沢の鶴では樽酒を底上げして作った特製2斗樽のご提供をおこなっております。樽酒のサイズや容量は、開催する式典やイベントの規模に応じて適切な容量の物を準備するのが良いでしょう。

樽酒に賞味期限はあるの?

通常の瓶詰めになった日本酒は、製品の種類や保存状態にもよりますが、未開封であれば8か月~1年ほどは美味しく飲むことができます。

樽酒の場合、木の香りが移り過ぎ、風味が大きく変化してしまったり、長く置きすぎると、カビがついたりすることを避けるため、未開封のものでも数週間以内には飲み切るのが良いでしょう。

基本的には瓶詰めしたお酒も樽酒も、開封後は早めに飲むのが日本酒本来の美味しさを味わうポイントです。

鏡開きとは?

次に、鏡開きについてご紹介します。

樽酒を木槌で割って開ける儀式のことをなぜ鏡開きと呼ばれているのか皆さんはご存じでしょうか?

鏡開きの由来とは?なぜ「鏡」と呼ばれるのか

木槌と樽酒鏡開きは元々正月行事のひとつで、お供えしていた鏡餅を下げて、お雑煮やお汁粉にして食べることをさします。鏡開きをすることで年神様を見送り、その年の仕事始めをするという意味があるのです。

地域によって鏡開きを行う日は若干異なっていて、1月11日もしくは15日に行われます。鏡開きの風習がいつから始まったのかには諸説ありますが、室町時代には定着したというのが有力な説です。

鏡餅の丸い形は「円満」をあらわし、「開く」という言葉には末広がりのおめでたい意味合いもあるため、新年にふさわしい行事のひとつです。
一説には、この信念の鏡開きの風習に由来して、樽酒を開く儀式のことも「鏡開き」というようになったといわれています。

また、樽酒の丸い蓋が鏡に似ていることから、酒屋が樽酒の蓋を「鏡」と呼び、樽酒の蓋を開けることを「鏡を開ける=鏡開き」としたという説もあります。
鏡餅の鏡開きも樽酒の鏡開きも、門出に際して健康や幸福を祈願して、その成就を願うという意味合いで、現在も行われているのです。

樽酒はなぜ縁起が良いの?

鏡開きを行う人達樽酒の鏡開きは、蓋を割り開くことから「運を開く」という意味を持ち、古くから樽酒は縁起の良いお酒としてお祝いの席などで振る舞われてきました。
大きな酒樽を皆で分け合って飲むことから、「幸せを分かち合う」という意味合いも持ちます。

また、酒樽は杉の木でできています。日本固有の樹木である杉は、古くから日本文化に深く関わってきました。杉は樹齢2000年を超える木もあるといわれるほどの日本長寿の木で、「まっすぐに高く伸びる」という名前の由来からも、縁起の良さが伺えます。

しかし、樽酒の良さは単に「縁起が良いから」というだけではありません。樽に使用する杉の香りが日本酒に移り、樽酒特有の爽やかな香りと芳醇な味わいが楽しめるところも、樽酒の大きな魅力のひとつです。江戸時代にはすべての日本酒は樽詰めで運ばれており、樽酒は日本酒の原点でもあるのです。

縁起が良いことに加えて、香り高い味わいの美味しさもゲストに楽しんでもらえる樽酒は、まさに人が集まるお祝いごとの席にふさわしいお酒といえるのではないでしょうか。

結婚式やパーティーで鏡開きの演出をしよう

婚礼の場での鏡開き樽酒を割り開く「鏡開き」は、お正月の新年を祝う席のほか、企業の祝賀会や、建物の完成を祝う竣工式などでも行われます。

また、結婚式では神前式後の披露宴の席や、和装の際の演出に最適といえます。

丸い鏡は「夫婦円満」を意味し、ゲストの前で樽酒の丸い蓋を叩いて割り開くことで、ふたりの幸せを祈願できるのです。

鏡開きの掛け声

鏡開きの際には「よいしょ、よいしょ、よいしょー!」の掛け声が一般的です。掛け声は大きいほど運が開けるといわれていますので、参加する人全員が声を出すと良いでしょう。

沢の鶴の「純米樽酒」は樽酒を手軽に楽しめる!

杉の木が香る樽酒は、通常鏡開き後しか飲むことができませんが、沢の鶴では純米で仕込んだ樽酒が手軽に楽しめる小瓶入り(180ml)の「純米樽酒」を販売しています。
ハレの日以外にも杉の木の香り高い日本酒を気軽に味わいたいというお客様の声から誕生した商品です。日本酒の原点である樽酒をご自宅で気軽にお楽しみいただけるということで多くのお客様方ご好評をいただいております。

沢の鶴の「純米樽酒」は、ほんのり暖めると杉の香りが一層引き立ち、日本酒が苦手な人にも口当たりがやわらかく、美味しく飲んでいただけます。

180ml入りの小瓶で購入できるため、通常の日本酒と同じ賞味期限で樽酒を味わうことが可能です。「樽酒を飲んだことないけど、どんな味なの?」と興味がある方も、お試し気分で気軽に樽酒体験ができるおすすめの商品となっています。
 

純米樽酒 180ml
  • 純米酒

純米樽酒 180ml

おだやかな樽香がやさしく広がる。日本酒の原点とも言える「樽酒」を純米酒で仕込みました。

アルコール分:
14.5度

全国燗酒コンテスト 2019「特殊ぬる燗部門」で金賞受賞

純米樽酒180ml純米樽酒のぬる燗の美味しさには定評があり、全国燗酒コンテスト2019では「特殊ぬる燗部門」で金賞を受賞したほど。鏡開きでは通常「冷や」で飲むことの多い樽酒も、この商品ならぬる燗でゆっくりお料理と一緒に楽しめます。

全国燗酒コンテストとは?

全国燗酒コンテストは世界で唯一の「温めておいしい日本酒を選ぶコンテスト」で、2019年は900を超える種類の日本酒が出品されました。
全国燗酒コンテストで金賞を受賞するためにはすべての日本酒の中で上位30%に入る必要があり、日本酒に精通した有識者が審査をします。

全国燗酒コンテストが開催されるようになった背景には、冷酒を飲むようになった1980年ごろから「上質な日本酒は燗をしない」という誤った認識が広まってしまったことにあります。冷酒だけではなく燗酒のおいしさ・魅力を改めて日本全国に広めたいという思いから、一部の専門機関を中心に温めておいしい日本酒を審査するようになったそうです。

おわりに

今回は日本の伝統的な行事のひとつにもかかわらず、あまり深く知らない方が多い樽酒の鏡開きについてお伝えしました。樽酒はその由来や味わいから、結婚式やパーティーなどの華やかな席にピッタリのお酒です。鏡開きの演出とともに振る舞えば、きっと参加した方から喜ばれるでしょう。

ご自宅で気軽に樽酒を楽しむことのできる沢の鶴の日本酒もご準備しておりますので、日々の晩酌から特別な日のお祝いまで幅広くお楽しみいただけます。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。