2019.10.14日本酒を楽しもう

寿司に合う酒は何?寿司と日本酒のおいしい合わせ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寿司

日本食の代表格といえば寿司。そして寿司をつまみながら酒を楽しむというのが、まさにジャパニーズライクな嗜みです。しかし、寿司にもさまざまなネタや食べ方がありますし、それぞれ味の濃淡や表情も違うため、どんな酒が寿司に合うのか分からないという方もいるかもしれません。

そこで今回は、寿司に合う日本酒の楽しみ方をご紹介します。お好きなネタと日本酒で、粋な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

寿司に合う日本酒は?

日本酒寿司はネタによって脂の濃さなどが違うため、相性の良い日本酒も変わってきます。大まかな種類ごとに合う日本酒を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

マグロなどの赤身魚

マグロやカツオなどの赤身は脂がのっていて旨味が強いため、純米酒などがよく合います。純米酒の米の旨味が、魚本来の旨味を引き出してくれます。

あまりスッキリしすぎている日本酒だと、赤身の旨味が勝ってしまいバランスが取れないためおすすめしません。

 

トロやサーモンなど脂身の多い部位

トロやサーモンなどの脂の甘みを生かすには、本醸造酒などがおすすめ。

 

タイやヒラメなどの白身魚

タイやヒラメなど淡白な白身魚は、ネタ本来の味を邪魔しない、スッキリとした淡麗辛口の吟醸酒がよく合います。酸味が強いタイプも相性バッチリです。

 

 

タレを使ったネタや煮魚

タレの濃い味がついているネタや煮魚には、甘口の日本酒がおすすめです。ネタがさっぱりしている寿司には甘口を合わせないことが多いのですが、甘みが強いネタの場合には日本酒も甘口のものが合います。また、酸味のある日本酒と合わせると、ネタの甘みが引き締まって一味違った楽しみ方ができます。

 

冷酒・燗酒を合わせるなら

寿司と日本酒日本酒は温度によってさまざまな飲み方があります。もちろん冷や(常温)の日本酒でも寿司とのマリアージュを十分楽しめますが、ネタに合わせて温度を変えてみると楽しみ方が広がるでしょう。

例えば、冷酒は冷やよりもスッキリとするため、白身魚などの淡白なネタがより引き立ちます。ただし、吟醸酒など香りが高いタイプは冷やしすぎると旨味が弱く感じられるので注意してください。

基本的には寿司に合わせるなら冷酒か冷やがおすすめですが、ネタによってはお燗につけても旨味が増します。魚自体の旨味が強い寿司には燗酒を合わせることで、より旨味が感じられます。

 

 

寿司と日本酒で季節を味わう

寿司も日本酒も日本の食文化の代表であり、古くから多くの日本人が組み合わせを楽しんできました。しかし、それはただの慣習ではなく相性が良い理由があるのです。

 

その1つとして挙げられるのが「補完効果」。補完とは、食材の足りない部分をもう一方の食材が補うことです。この場合、日本酒には魚の生臭さを消す役割があるため、寿司と合わせることでよりおいしく感じられるのです。

また寿司にはシャリがあり、日本酒の原料には米があります。つまり、米を使っている共通点があるためそもそも寿司と日本酒は相性がよく、相乗効果を生むマッチングなのです。

 

魚には旬があるので、季節によって組み合わせを変えても良いでしょう。秋にはカツオとひやおろし、冬はマグロと新酒、旨味ののった寒ブリと燗酒など、寿司との組み合わせで季節を楽しむのもオツなものです。

 

おわりに

寿司と日本酒は元来相性の良い組み合わせです。さらに、ネタに合わせて日本酒の種類を選んでみると、お互いの良さが引き出されてより味わい深いものになります。

旬の魚と相性の良い日本酒を楽しむもよし、自分なりの組み合わせを見つけるもよし、ぜひ寿司と日本酒のおいしい組み合わせを楽しんでみてください。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。