2019.02.18日本酒と健康・美容

日本酒は血行促進だけが効能じゃない?日本酒の意外な健康効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒の意外な健康効果

日本酒は「お米と水」が原料。

シンプルなお酒なのに、たくさんの栄養素が含まれていることをご存じですか?

日本酒には、身体をポカポカさせるという血行促進効果だけではない、驚くほどの健康効果があるのです。

そこで今回は、日本酒の効能や意外な健康効果についてご紹介します。

日本酒を飲むことの健康・美容メリットとは?

日本酒の健康・美容メリット健康や美容面において、よく知られている「日本酒を飲むことのメリット」は3つ。

それは、食欲アップ・リフレッシュ効果・肌の調子アップです。

特に、日本酒に含まれる「コウジ酸」は、肌のシミの元となるメラニンの生成を抑えることが分かっています。

 

また日本酒に含まれるポリフェノールのひとつ「フェルラ酸」は、体内で増えてしまう活性酸素を減らす効果が期待できるとされ、日本酒の健康効果に注目が集まる理由ともなっています。

 

日本酒の意外な健康効果

近年、日本酒の健康効果に関する研究が進み、さまざまな研究結果が報告されております。

日本酒に含まれる、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・有機酸などのさまざまな栄養素。

特に、人間の身体に必要なたんぱく質の元となり、健康維持には欠かせない栄養素である「アミノ酸」は、アルコール類の中で日本酒にもっとも多く含まれています。そのアミノ酸こそが、日本酒の健康効果のカギを握っているのです。

 

ペプチドが血圧管理・記憶力改善をサポート

日本酒に含まれているさまざまなアミノ酸の中でも、アミノ酸が2つ以上結合した「ペプチド」は、意外な形で健康をサポートしてくれる栄養素です。

ペプチドは血圧を下げる効果が注目されており、高血圧や糖尿病予防のために積極的に取り入れられています。

 

さらに、なんとペプチドは記憶力改善の助けになることが分かっています。

記憶力改善のサポートとなる栄養素が日本酒に含まれているというのは、なんとも意外性のある効果ですよね。ちなみにペプチドは、日本酒の中でも純米酒にもっとも多く含まれます。

 

日本酒には必須アミノ酸がすべて含まれている

アミノ酸は、私たちの身体のなかで重要なはたらきをするため、積極的に摂取する必要があります。アミノ酸の中でも「必須アミノ酸」に分類されるものは、自分の体内では作れず、体外から補わなければなりません。そのため、毎日の食事のなかでバランスよく摂取することが重要です。

日本酒には、この「必須アミノ酸」がすべて含まれているのです!

 

健康を維持するために積極的に取りたい栄養素を日本酒から補うことができるのは、とてもうれしいですね。

 

適量の日本酒で、血行を促進

日本酒は適量を日本酒の効果として実感しやすいのが、「飲むと身体がポカポカする」というものです。

 

日本酒のアルコールには、「アデノシン」という成分が含まれています。アデノシンには血管を拡張し、血流をよくするはたらきがあるのです。

 

日本酒の「血行促進効果」は、こり固まった心身をほぐしてくれます。

肩こりや冷え性だけではなく、ストレスや悩みも流してくれそうなのがうれしいですね。

 

ただし、気を付けたいのは「飲みすぎ」です。

日本酒の適量は、一日1合が目安です。先にご紹介した健康効果も、この適量を守ることが前提です。二日酔いになるような飲み方を毎日続けていては、もちろん逆効果になってしまいます。

適度な飲み方で、最大限の健康効果を受け取りましょう。

 

おわりに

日本酒の健康効果は、豊富に含まれるアミノ酸のおかげであることが分かりました。生活習慣病の予防にも効果が期待できるのは、とてもうれしいですね。

飲みすぎには注意をしつつ、日本酒を長く楽しめる健康な身体を、ずっとキープできるようにしましょう!

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。