2021.07.19日本酒を楽しもう

土用の丑の日はうなぎと奈良漬を食べよう。相性の良い日本酒は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うなぎの蒲焼と奈良漬け日本には、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣があります。脂の乗ったうなぎ料理にぴったりな付け合わせは、奈良漬です。特別な日のうなぎと奈良漬にマッチするのは、どんな種類の日本酒でしょうか。今回は芳醇な酒粕を使ったおすすめの奈良漬や、沢の鶴が手掛ける自慢の日本酒をご紹介します。

 

土用の丑の日ってどんな日?

本格的な夏が到来すると、スーパーのチラシなどで「土用の丑の日」の文字を目にすることが多くなりますね。日本ではうなぎを食べるのが一般的ですが、土用の丑の日とはどのような日なのでしょうか。

 

「土用」と「丑」の意味

「土用(どよう)」とは、立春・立夏・立秋・立冬の前18日間のことです。

これは、中国の自然哲学である五行説の考えが由来となっています。五行説では、すべての事柄が木・火・土・金・水の五つの元素で成り立つとされていました。例えば、東西南北は東=木、南=火、中央が土、西=金、北=水となります。

四季を五つの元素に当てはめたとき、木=春、火=夏、金=秋、水=冬となり、残りの「土」を季節の変わり目に当たる期間としたのが土用の始まりです。そのため、土用の期間は夏だけでなく、1年に4回訪れます。

「丑の日」は、十二支の丑(うし)にあたる日です。現代では、十二支は年を数えるときに使われますが、昔は日にちに当てはめて使われていました。「土用の丑の日」とは、土用の期間中の「丑の日」を指します。

 

2021年は7月28日

土用の期間は、春・夏・秋・冬のすべての季節に存在しますが、土用の丑の日というと通常は立秋前の「夏の土用の丑の日」を指します。

土用は18日間あるため、日を十二支で数えると、丑の日が2回訪れる年もあります。この場合は、1回目を「一の丑」、2回目を「二の丑」と呼んで区別します。2021年の土用の丑の日は、7月28日の1回のみです。

うなぎを食べるようになった理由

うなぎの蒲焼を食べる人日本では夏の土用の丑の日に「うなぎ」を食べる習わしがあります。夏バテ防止のために、精の付くうなぎを食べるのは理にかなっていますが、いつ・誰が考えたものなのでしょうか。

 

平賀源内が考えた宣伝説

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は諸説ありますが、その一つが、平賀源内が考えた宣伝説です。

平賀源内は、江戸時代に博物学者・戯作者・浄瑠璃作者・発明家として活躍した多芸多才な人物です。うなぎ屋から「夏にうなぎが売れない」という相談を持ちかけられ、店先に「本日丑の日」と書いた紙を貼ることを提案したといわれています。

うなぎ屋は大繁盛し、以来「土用の丑の日にうなぎを食べる」という習慣が江戸の庶民の間に急速に広まりました。

「大暑」にあたる夏の土用は、1年でもっとも暑さが厳しく体調を崩しやすいときです。昔から、体によいものを食べて夏バテを防止する「土用の食い養生」の風習が庶民の間で浸透していったようです。

うなぎと相性抜群なのは奈良漬

うなぎ屋さんに行くと、うなぎの蒲焼きと一緒に「奈良漬(ならづけ)」が提供されることがあります。奈良漬は瓜類の野菜を酒粕に漬け込んだもので、うなぎと相性がよい漬物として有名です。

うなぎは脂がありますが、酒精分の多い奈良漬と一緒に食べると口の中がさっぱりします。さらに、奈良漬には「メラノイジン」が含まれており、うなぎに含まれるビタミン・ミネラルの吸収を助けるはたらきも期待できます。

昔は、土用の丑の日には「う」の付く食べ物で無病息災を祈願する「食い養生」の習慣がありました。うなぎも奈良漬(うり)も「う」が付くため、どちらも土用の丑の日にぴったりですね。

 

うなぎと合う日本酒の種類は?

山田錦とうなぎの蒲焼
食欲が落ちやすい夏の土用の丑の日は、うなぎにおいしい日本酒を合わせてみませんか。味のバランスや温度を考慮して日本酒を選ぶと、互いのよさがグッと引き立ちます。

 

コクのある純米酒が合う

脂の乗ったうなぎの蒲焼きに合わせるなら、「純米酒」がおすすめです。

日本酒は、香りや味わいの違いで「薫酒」「爽酒」「醇酒」「熟酒」の4タイプに大別されます。純米酒は、醇酒(じゅんしゅ)の分類で、ふくよかな香りとコク、米本来の旨味が存分に堪能できるのが特徴です。

純米酒には、濃いめの味付けやコクのある料理がマッチします。

 

純米酒のおいしい温度

日本酒は温度帯によって、香りの立ち方や口当たり、味わいが変化します。純米酒はどの温度帯でも楽しめますが、米本来の旨味を味わうのなら「常温~ぬる燗」がおすすめです。

日本酒は温度が高くなると香り立ちや旨味が強まり、逆に温度が低くなると、スッキリとした飲み口になります。

常温~ぬる燗の純米酒は、米の甘み・酸味・旨味がダイレクトに感じられるのが魅力です。最初は常温で味わい、2回目からは好みの温度で飲むと二度味わいを楽しむことができるでしょう。

 

おすすめの日本酒


うなぎ料理には、ふくよかな旨味を持つ日本酒がマッチします。沢の鶴の日本酒の中から、うなぎのおいしさを引き立てるベストな2本をご紹介します。

コクと香りを楽しむ!「特別純米酒 実楽山田錦 」

名水百選「灘の宮水」と特A地区で収穫した「山田錦」を100%使用した特別純米酒で、「兵庫県認証商品」にも認定されています。

米の持ち味を最大限に引き出す「生酛(きもと)造り」で醸しており、スッキリとした後味ながらも、旨味が感じられるのが特徴です。

冷やして飲むのもよいですが、35~40度の燗酒で味わうのもおすすめです。旨味・コク・ふくらみがよりダイレクトに感じられます。

特別純米酒 実楽山田錦 720ml
    • 特別純米酒
    • 金賞受賞

特別純米酒 実楽山田錦 720ml

純米酒本来の旨みに、芳醇な香りとキレの良さが特長です。

アルコール度数:
14.5度
飲みごろ温度:
【冷】15℃(涼冷え)~【燗】35℃(人肌燗)~40℃(ぬる燗)

お酒のプロが届ける!純米生原酒 「100人の唎酒師」

日本酒本来の、奥深い味わいと香り、​しぼりたてのフレッシュさが存分に味わえる逸品です。酵素を分子レベルで濾過する「限外濾過(げんがいろか)技術」により、火入れ(加熱処理)を行っておらず、しぼりたての生酒の味わい・香りを長く楽しめます。

コクがありながらも爽やかで飲みやすい口当たりです。土用の丑の日には、オンザロックで濃厚なうなぎに合わせてみてはいかがでしょうか。

沢の鶴にいる100人の唎酒師のこだわりが詰まっており、パッケージには社員をモチーフにした似顔絵がデザインされています。

100人の唎酒師
    • 純米生原酒
    • 生酛造り

100人の唎酒師

沢の鶴が贈る、渾身の一杯。限外濾過製法による生酒本来の味が楽しめる。

アルコール度数:
18.5度
原材料:
米(日本産)・米麹(日本産米)

おすすめの奈良漬

奈良漬野菜を酒粕で漬け込んだ奈良漬は、栄養価が高く、乳酸菌や酵母が多く含まれています。うなぎの付け合わせとしても、日本酒のおつまみにもぴったりです。

沢の鶴の上質な酒粕を使った奈良漬をご紹介します。

長期間熟成させた「奈良漬」瓜

沢の鶴が手間暇かけて作った長期熟成の奈良漬です。漬込み期間は約一年で、塩漬・下漬・中漬・上漬・本漬と計5回の漬け替えを行っています。

漬け原材料は、酒粕・砂糖・みりん粕・食塩・アルコールのみで、化学調味料は一切使われていません。厳選された国内産野菜と蔵元の酒粕のおいしさがたっぷり味わえます。

食べるときは水洗いをせず、表面の酒粕をサッと拭き取りましょう。うなぎの蒲焼きはもちろん、お茶漬けにトッピングしたり、手巻き寿司にしたりするのもおすすめです。

「奈良漬」瓜 袋詰 150g
    • 食品
    • 本格奈良漬

「奈良漬」瓜 袋詰 150g

手間と時間を惜しまず漬け込んだ、ひと味違う本物の風味。

原材料名:
瓜・酒粕・味醂粕・砂糖・食塩・アルコール

厳選した国産大根を使用!「奈良漬」守口大根

奈良漬というと、白瓜やきゅうり、小玉すいかなどを使うのが一般的ですが、沢の鶴には、「守口大根(もりぐちだいこん)」と呼ばれる大根を使った奈良漬があります。

守口大根は、通常の大根よりも細長く、「世界一長い大根」としてギネス記録に認定されています。瓜類とは一味違った大根の心地よい歯ざわりと、噛むたびに広がる酒粕の芳醇な香りを堪能できます。瓜やきゅうりの奈良漬と食べ比べてみるのも良いですね。

「奈良漬」守口大根 袋詰 150g
    • 食品
    • 本格奈良漬

「奈良漬」守口大根 袋詰 150g

その美味しさは、かんだ時に快い音のする歯切れの良さ、香の物と言われる通りの芳醇な香り、そして食欲をそそる美しいべっ甲色。

原材料名:
守口大根・酒粕・味醂粕・砂糖・食塩・アルコール

 

まとめ

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は江戸時代にまで遡ります。うなぎのお供として欠かせないのが、箸休めの「奈良漬」とうなぎのおいしさを引き立てる「日本酒」。特に純米酒や生酛(きもと)系の日本酒はうなぎと好相性です。1年でもっとも暑さが厳しくなるこの時期、土用の丑の日には栄養満点のうなぎと奈良漬、おいしい日本酒を味わってはいかがでしょうか。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。