2018.09.03日本酒を楽しもう

夏は「日本酒ロック」!日本酒の飲み方や透明な氷の作り方など紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒ロックの飲み方暑い夏は、スッキリしたお酒が飲みたくなりますよね。そこで今回は、夏ならではのちょっとステキな飲み方、「日本酒ロック」をご紹介します。

「日本酒に氷を入れるの?」と思う方がいるかもしれませんが、まだ飲んだことのない方に一度は試してほしい日本酒ロック。日本酒通の間では昔から親しまれていた、粋な飲み方ともいえます。

日本酒ロックが夏におすすめの理由

日本酒は、温度を変えて楽しめるのが魅力です。例えば、カンカンに熱したお燗からキリッと冷やした冷酒まで、季節や好みによりさまざま。日本酒ロックは、日本酒に氷を入れてつくる「一番冷たい日本酒」です。見た目も涼やかで、夏にピッタリですよ!

飲みやすく、爽やかな風味を楽しめる

日本酒ロックは、のどを潤す冷たさと、お米の風味を一度に感じることができます。そして、この飲みやすさこそが、日本酒ロックを暑い夏におすすめしたい一番の理由です。
氷を入れることで口あたりがまろやかになるため、日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめ。

飲みやすくなるだけでなく、風味が爽やかになり、スッキリとした清涼感を味わえます。

酔いざめが良い

日本酒ロックは、飲むにつれて少しずつ氷が溶けていき、適度にアルコール度数が下がります。そのため、酔いざめがよくあとに残りにくい、という特徴があります。

飲みやすいためついつい杯を重ねてしまいますが、アルコール度数を下げながら楽しめるなら翌日の心配も減りますね!

日本酒ロックをおいしく楽しむポイント

氷の入った和食器日本酒ロックをおいしく楽しむためには押さえておきたいポイントが3つあります。

暑い夏を乗り切るためにも、おいしく楽しむポイントを押さえて、存分に日本酒ロックを楽しみましょう。

日本酒ロックは「原酒(げんしゅ)」がおすすめ

日本酒ロックに適しているお酒は「原酒」です。一般的な日本酒は、完成後に加水をして、アルコール度数15度ほどになるように調整されています。それに対して、加水をして調整のされていないお酒が日本酒の原酒となります。

 

もちろん、原酒をそのまま「冷や」で飲んでもおいしいです。特に、日本酒の濃厚な味わいや香りを強く感じたい方は、そのまま「冷や」で飲んだほうが日本酒の味わいをダイレクトに感じられます。

 

ロックでは「冷や」とはまた違った味わいを楽しむことができます。日本酒ロックの魅力は、味わいの変化です。飲んでいるうちに、少しずつ氷が溶けてお酒と混ざり、マイルドな味わいに変化していきます。氷の溶け方を楽しむという点では、気温が高い夏ならではのお酒の楽しみ方といえるでしょう。

 

ちなみに、日本酒には原酒の他に「生酒」や「無濾過生原酒」といった種類もあります。それぞれの特徴は次のとおりです。

 

生酒(なまざけ)

一般的な日本酒は、完成したら酵母の発酵をストップするために「火入れ」という作業を行いますが、お酒を造る際に加熱処理をしていないお酒が生酒です。アルコール度数は銘柄によって異なります。

生酒は、もともと冷やして飲むのがおいしいお酒なので、ロックとの相性もバッチリ。氷の溶け具合によって味わいの変化が楽しめる点は大きな魅力です。

 

生酒は火入れをしないため、とてもデリケートな日本酒です。開封後は早めに飲むことをおすすめしています。

無濾過生原酒(むろかなまげんしゅ)

無濾過生原酒とは、加熱処理、加水、濾過を行っていない日本酒のことで、生酒よりデリケートなお酒です。濾過は、日本酒の雑味の成分や細かな粒子を取り除くためにされるものですが、無濾過生原酒はこのような手を加えていないため、できたての日本酒そのものを味わうことができます。

 

無濾過生原酒は、日本酒のうまみがたっぷりと詰まっていることと、アルコール度数が17~18度と高いことから、口のなかに含んだときの芳醇なうまみの広がりが魅力です。ロックで楽しむときにも、氷をたっぷり入れて、味わうとおいしく飲めます。

大きめの氷、天然氷でさらにおいしく

透明度の高い氷日本酒ロックは、日本酒に氷を入れるだけ、というシンプルな楽しみ方です。できれば、氷選びにもこだわりたりたいものです。

日本酒ロックに使う氷を選ぶポイントは2つ。大きめのものであることと、溶けたときに日本酒の味を落とさないものであることです。

 

小さめの氷を使うと溶けるのが速いため、すぐに日本酒が薄まってしまい、味わいの変化も実感しづらくなってしまいます。日本酒の味を落とさない氷の理想は、天然氷です。自然の寒さでゆっくりと作られる天然氷は、不純物が少なく、雑味が少ないため、日本酒の風味を損ないません。

 

しかし、天然氷はそう簡単には手に入りません。そのような場合は、ミネラルウォーターを使って、おいしい氷を作ることができるので、ぜひ試してください。

自宅で透明度の高い氷を作る方法

製氷機ではなく、タッパーなどの容器を使用して作りますので、冷凍庫内にスペースが確保できるかをまずは確認しましょう。

  1. ミネラル成分の少ない軟水のミネラルウォーターを用意します。カルシウムやマグネシウムなどの不純物がない氷ほど透明感が出るためです。
  2. さらに不純物を取り除き、透明度を高くするため、ミネラルウォーターを沸騰させます。粗熱が冷めたら大きめの容器に注ぎましょう。
  3. ゆっくり凍らせるため、冷凍庫の温度を-10度程度(一般的な冷凍庫は-20度程度)に設定します。冷凍庫の機能や、他の食材があるなどで温度の設定ができない場合は、容器の周りにタオルなどを二重に巻くことで、急冷を防ぐことができます。

水を沸騰させてから凍らせることで、お店で購入するような透明度の高い氷を作ることができます。さらに、やや高めの温度でゆっくり冷やすことで、天然氷のような雑味の少ない氷を作ることができます。

 

市販のかち割り氷も、家庭の冷蔵庫で通常通り作るよりも日本酒ロックにぴったりなので、すぐに日本酒ロックを楽しみたい時などにはかち割り氷がおすすめです。

酒器にこだわる

日本酒ロック目的に応じて酒器にこだわるのは日本酒の楽しみ方の一つですが、日本酒ロックにも適した酒器のタイプがあります。

それは、氷の解け具合による味わいの変化を楽しめる、飲み口が広く、背が低めのグラスです。

夏におすすめ!日本酒ロックのおすすめアレンジ

サムライロック日本酒と氷だけでつくられる、シンプルな日本酒ロック。ここからは、その魅力をさらに深ぼりするための、おいしいアレンジをご紹介します。

ライムを入れてつくる、極上の「サムライロック」

ロックグラスに大きな氷を入れて、日本酒とライムジュースを注ぎ、マドラーでゆっくりかき混ぜます。割合は「日本酒5:ライムジュース1」が基本ですが、ライムジュースの甘さによってお好きな濃さにしてみてください。

また、お好みで生のライムを搾ると、ドライで切れ味の良いサムライロックに仕上がります。

相性の良さにびっくり!「日本酒×カシス」

日本酒×カシス氷で満たしたグラスに半分まで日本酒を注ぎ、トニックウォーターを入れます。そしてカシスリキュールを小さじ1杯ほど入れると、鮮やかなグラデーションが楽しめる、極上の日本酒カクテルが完成!

 

レモンを入れる

レモンスライスなどを加えると、爽やかさがアップしておすすめです。レモンのほかにもグレープフルーツやライムなどの柑橘系のフルーツを搾り、さっぱりと味わうのもおすすめです。

日本酒ロックにぴったり!「純米原酒 生貯蔵酒」

日本酒ロックでぜひ飲んでいただきたい1本が、沢の鶴「純米原酒 生貯蔵酒」です。純米原酒 生貯蔵酒は、アルコール度数18.5度の原酒。オン・ザ・ロックにすると、米の旨味はそのままに、口あたりがまろやかになり、飲みやすくなります。

貯蔵前に火入れを行わない生貯蔵酒のため、みずみずしく軽快な味わいが楽しめます。まさに、夏に楽しむ日本酒ロックにぴったりの1本!料理やつまみとも合わせやすく、毎日気軽に楽しめる味わいです。

 

夏らしいグラスやガラス酒器に氷を浮かべ、「純米原酒 生貯蔵酒」を味わってみませんか?春夏のみの期間限定販売です!

 

沢の鶴「米だけの酒 純米原酒生貯蔵 900ml」

米だけの酒 純米原酒生貯蔵 900ml
  • 純米生貯蔵酒
  • 名水「灘の宮水」仕込み

米だけの酒 純米原酒生貯蔵 900ml

「濃醇な味わい」なのに後口が「すっきり」ロックもおすすめ!

アルコール分
18.5度
タイプ
コクのあるタイプ(醇酒)
飲みごろ温度
5℃~10℃

 

1.8Lの大容量サイズはこちら
米だけの酒 純米原酒生貯蔵 1.8L

おわりに

見た目も涼しく、暑い夏にピッタリの日本酒ロック。氷を入れても味わいが損なわれることはなく、むしろ日本酒のおいしさが引き立つ飲み方です。ぜひ今夏は、グラスのなかでカランコロンと氷を転がしながら、スッキリ飲みやすい日本酒ロックで涼をとってみてはいかがでしょうか。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.