2019.12.25日本酒を楽しもう

【新成人】成人式のお祝いで飲みたい、初めてでも飲みやすいお酒とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾杯をする人たちお酒が飲めるというのは新成人の楽しみの1つではないでしょうか。お酒が飲めるようになったことで、これから仲間と集まることが増えると思いますが、まだお酒に慣れていない新成人は飲みやすいものから挑戦していくことが大切です。

今回は新成人へ向けて、飲みやすいお酒や、家族と楽しむ時におすすめのお酒をご紹介していきます。

これから新成人になる方は参考にしてみてください。

 

なお、「改正民法」において2022年4月1日から成人年齢が18歳へと引き下げられます。
ただし飲酒については若年者の健康を配慮し、変わらず20歳からです。
当記事における「新成人」は2019年12月時点での「新成人」を示しており、未成年飲酒を推奨するものではございません。

 

新成人におすすめな飲みやすいお酒とは?

新成人はお酒に慣れていないため、はじめは飲みやすいものを無理せずに試してみるのがおすすめです。

お酒といってもビールや焼酎、ウィスキー、日本酒などたくさん種類がありますが、どういったお酒みやすいのかまとめてみました。

アルコール度数が低いお酒

飲みやすいお酒といえば「低アルコールのお酒」です。

酒やリキュールを水や炭酸水などで割ったチューハイやサワー、カクテルのほか、最近は低アルコールの日本酒も増えてきており、様々なお酒が楽しめるようになっています。

実はビールもアルコール度数5%と、数あるお酒の中では低い部類に入ります。ご家庭ではよく飲まれるお酒のため、新成人の方にとっては20歳になったら飲んでみたいと思うお酒の一つではないでしょうか。

 

ただし、ビールには独特の苦みが存在します。アルコール度数としては問題なくとも、その味が苦手だと感じる方も少なくないようです。

 

また、ビールのほか焼酎やウィスキーを水や炭酸などで薄く割ると飲みやすくなります。いくつか試してみて、自分の好みを見つけることも大切です。

 

甘いテイストのお酒

ビールが苦手だったという方には、甘いテイストのお酒(カクテル)もおすすめです。

クレームドカシスをオレンジジュースで割った「カシスオレンジ」や、ビールをジンジャーエールで割った「シャンディガフ」など、飲みやすくて美味しいお酒はたくさんあります。

 

しかし、カクテルは店によってはかなりお酒が濃いこともあるため、自信がなければ「お酒薄め」でオーダーすると良いでしょう。

 

スパークリングワインやシャンパンなどのスパークリング系のお酒

お祝いの席でふるまわれることが多いスパークリング系のお酒も飲みやすくおすすめです。

とくにスパークリングワインなどは、ワインが苦手という方でも飲みやすいお酒となっています。炭酸のお酒なのでスッキリ飲むことができるのもおすすめポイントです。

 

また、焼酎やウィスキーはアルコール度数が高いですが、炭酸で割ることで度数が下がり、飲みやすくなるため炭酸割りをしてみてもいいかもしれません。

 

家族とのお祝いの席では日本酒がおすすめ!

祝いの席のお酒これまで新成人が飲みやすいお酒をご紹介してきましたが、家族とのお祝いの席で飲むお酒は日本酒がおすすめです。

 

日本酒はかなり強いお酒というイメージがあると思いますが、最近の日本酒ブームで多種多様な日本酒が発売されています。甘口でフルーティーなお酒やスッキリとした辛口のお酒、しっかり熟成されたお酒やスパークリング日本酒など、日本酒の中でも幅広い味わいが楽しめるのです。

 

また、日本酒はどんな料理にも合わせやすく、食事との組み合わせを楽しむことができます。

お祝いの席で家族とゆっくり味わうお酒には日本酒がおすすめです。

 

初めての日本酒におすすめの種類や飲み方は?

注がれるお酒日本酒には冷やして飲む「冷酒」と温めて飲む「燗酒」がありますが、初めて日本酒を飲む方には冷酒がおすすめです。

また、スッキリとした辛口や濃厚な旨味のある旨口など、日本酒の味わいは幅広いですが、はじめのうちは甘みがありフルーティーな日本酒が飲みやすいのではないでしょうか。

また、日本酒を飲んでいる間には、適度にお水(チェイサー)を飲むといいでしょう。これは、「和らぎ水」といって、アルコールによって体中の水分が失われてしまうことを防ぎ、さらに、過度に酔うことも極力防げるため、健康のためにも試してみてください。

和らぎ水についてはこちらの記事でも紹介しています。

おわりに

今回は新成人の方へ向けて、飲みやすいお酒の選び方や家族で過ごす時のお酒、初めての日本酒の種類や飲み方をご紹介しました。

ウィスキーや焼酎、ビールなどお酒はたくさんありますが、家族と食事を楽しみながらゆっくり日本酒を楽しむのがおすすめです。

 

ぜひ新成人になった実感を噛み締めながら日本酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

成人の日に誕生日を迎えていない早生まれの方は、飲酒は法律によって20歳以上と定められていますので、お酒は20歳の誕生日を迎えてからお楽しみください。

SHUSHU(シュシュ)180ml
  • 純米酒
  • 初心者にオススメ♪
  • 人気商品

SHUSHU(シュシュ)180ml

食事がすすむ。クセのない飲みやすい味わいの純米酒。

アルコール分:
10.5度
味わい:
さらり
飲みごろ温度:
10℃(花冷え)、45℃(上燗)

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.