中華料理に合う日本酒

中華料理に合う日本酒をご紹介します。

料理に合う日本酒の選び方

POINT
1

日本酒の4タイプの香り・味わいに合わせる

日本酒は、その香りや味わいで、薫酒・爽酒・醇酒・熟酒という4タイプに分類されます。
薫酒(くんしゅ)・・・吟醸酒や大吟醸酒など、フルーティで華やかな香りが特徴。飲み口はスッキリとしており、おひたしや刺し身など素材の味わいを生かしたおつまみ・料理にぴったりです。

爽酒(そうしゅ)・・・香りは比較的穏やかな本醸造酒、生酒など、爽やかでスッキリとした味わいが特徴。幅広いおつまみ・料理と合わせやすいですが、おすすめはシューマイや茶碗蒸しなど素材に甘味のある、やさしい味わいある料理にぴったりです。

醇酒(じゅんしゅ)・・・純米酒や生酛系など、米の旨味が味わえるのが特徴。いわゆるコクを感じられる濃厚な味わいを持つ日本酒のため、濃い味付けの肉料理、チーズなどの料理と合わせるのがおすすめです。

熟酒(じゅくしゅ)・・・長期間熟成させたことで深く濃醇な香りと味わいを感じることができます。味わいの力強さから、豚の角煮やフォアグラなどの脂の多い料理や味の濃いおつまみなどとの組み合わせがおすすめです。

このように日本酒の4タイプと組み合わせることでお互いの風味を引き立て、よりお酒も料理も美味しく感じることができます。

POINT
2

日本酒の温度に合わせる

日本酒は温度によって味わいが変化します。ですので、日本酒には冷酒、燗酒のような温度の変化を楽しむ飲み方ができるのです。
料理と組合わせる際には、この温度もポイントとなります。
キリッと冷やした冷酒や、オン・ザ・ロックには、よく冷えたお刺し身や冷奴を。あたたかい燗酒は、おでんや煮込み料理を。

このように日本酒と料理を温度に合わせてみるのも素敵な楽しみ方です。

POINT
3

いろんな組み合わせを試してみる

濃い味付け、油っこいもの、独特の甘辛い料理が多い中華料理も、日本酒とのペアリングができます。
まずは4タイプの分類と、料理の種類で組み合わせてみましょう。中華料理は味が濃いものが多いためその点を注意しながら選ぶと良いでしょう。料理をご家庭で造られる場合は、味の濃さや油の量などを調整しても良いかもしれません。

日本酒は飲むときの温度や、飲む方の好み・体調などによって味わいがかなり異なってきます。
ですので、枠にとらわれず、いろんな組み合わせを試して自分のお気に入りを見つけるというのも1つの楽しみ方です。

中華に合うおすすめの日本酒3選

  • チンジャオロース×1973年醸造古酒

    チンジャオロース × 1973年醸造古酒

    重厚な味わいを持つ熟酒タイプの古酒には、同じく重厚な味わいのチンジャオロースが良く合います。
    古酒独特のスパーシーな旨味に、牛肉の旨味や、味付けのベースであるオイスターソースの旨味が重なり、旨さが倍増します。

    商品ページを見る 古酒一覧をみる
    1973年醸造古酒
  • かに玉あんかけ×本醸造生酒

    かに玉あんかけ × 本醸造生酒

    玉子、カニといった素材自体に淡い甘味を持ったカニ玉あんかけには、フレッシュな「本醸造生酒」をおすすめします。
    淡い味わいのカニ玉にあんかけすることで、別の旨味がプラスされ、「本醸造生酒」のフレッシュな香りと、旨味が調和します。

    商品ページを見る 本醸造酒一覧をみる
    本醸造生酒
  • 酢豚×純米酒 山田錦

    酢豚 × 純米酒 山田錦

    「純米酒山田錦」のやさしい酸味と、酢豚の旨味をおびた酸味が良く合います。
    酢豚の脂分をさっぱりさせてくれる効果もあり、酢豚の味わいを引き立てます。

    商品ページを見る 純米酒一覧をみる
    純米酒 山田錦

中華に合う日本酒一覧

50件中 1-20件表示
1 2 3

純米原酒 720ml

¥ 1,037 税込

純米 720ml

¥ 839 税込

純米 1.8L

¥ 2,015 税込
50件中 1-20件表示
1 2 3