鍋料理に合う日本酒

鍋料理に合う日本酒を紹介します。

料理に合う日本酒の選び方

POINT
1

日本酒の4タイプの香り・味わいに合わせる

日本酒は、その香りや味わいで、薫酒・爽酒・醇酒・熟酒という4タイプに分類されます。
薫酒(くんしゅ)・・・吟醸酒や大吟醸酒など、フルーティで華やかな香りが特徴。飲み口のほうはスッキリとしており、おひたしや刺し身など素材の味わいを生かしたおつまみ・料理にぴったりです。

爽酒(そうしゅ)・・・香りは比較的穏やかな本醸造酒、生酒など、爽やかでスッキリとした味わいが特徴。幅広いおつまみ・料理と合わせやすいですが、おすすめはシューマイや茶碗蒸しなど素材に甘味のある、やさしい味わいある料理にぴったりです。

醇酒(じゅんしゅ)・・・純米酒や生酛系など、米の旨味が味わえるのが特徴。いわゆるコクを感じられる濃厚な味わいを持つ日本酒のため、濃い味付けの肉料理、チーズなどの料理と合わせるのがおすすめです。

熟酒(じゅくしゅ)・・・長期間熟成させたことで深く濃醇な香りと味わいを感じることができます。味わいの力強さから、豚の角煮やフォアグラなどの脂の多い料理や味の濃いおつまみなどとの組み合わせがおすすめです。

このように日本酒の4タイプと組み合わせることでお互いの風味を引き立て、よりお酒も料理も美味しく感じることができます。

POINT
2

温かい鍋には燗酒もおすすめ

日本酒と料理の組み合わせは、温度で考えることもできます。
特に温かい鍋は燗酒との相性も良いため、寒い冬にほっこりと、ぜひ組み合わせを楽しんでください。

鍋料理に合うおすすめの日本酒3選

  • 寄せ鍋×実楽山田錦

    寄せ鍋 × 特別純米酒 実楽山田錦

    家庭では定番の味である醤油ベースの寄せ鍋。いろいろな具材がたっぷり入った満足感のある鍋には、旨味と酸味がほどよく、口当たりがきめ細やかな「特別純米酒 実楽山田錦」がおすすめ。
    冷酒もいいですが、燗酒との相性はさらに抜群なので寒い日にぴったりです。

    商品ページを見る 特別純米酒一覧をみる
    実楽山田錦
  • キムチ鍋×糀2倍の純米酒

    キムチ鍋 × 米だけの酒 糀2倍の純米酒

    素材の旨味がスープに溶け出し、体がポカポカと芯から温まるキムチ鍋には、麹本来の優しい甘味と酸味が楽しめる「米だけの酒 糀2倍の純米酒」が良く合います。キムチの風味とお酒が調和し、互いの旨味をうまく引き出してくれます。
    辛さと、濃い味わいでどんどんお酒が進みます。

    商品ページを見る 純米酒一覧をみる
    糀2倍の純米酒
  • おでん×米だけの酒

    おでん × 米だけの酒

    しっかりと煮込むことで、具材から出る旨味が出汁に溶け込んだおでんには、米の深い味わいがあり、やさしい香りの「米だけの酒」がおすすめです。
    燗酒でいただくことで、日本酒の苦味がまろやかになり、おでんのコクをさらに深めてくれます。

    商品ページを見る 純米酒一覧をみる
    米だけの酒

鍋料理に合う日本酒一覧

58件中 1-20件表示
1 2 3

純米 1.8L

¥ 2,015 税込
58件中 1-20件表示
1 2 3