公開日: 更新日: 日本酒と健康・美容

日本酒と料理酒の違いは?代用する際に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒と料理酒の違い

和食などを作る際、お酒を使うことがあると思います。レシピにお酒と書いてあるときは、どんな種類の日本酒が良いのか、または料理酒を使う方が良いのかと、悩んだことはありませんか?
そこで今回は、日本酒と料理酒の違いや、料理酒で代用する際の注意点、料理をより引き立てる日本酒の使い方などを解説します。

料理酒とは

料理酒は、名前の通り、飲用ではなく料理での使用を目的としたお酒のこと。日本酒には含まれていない、塩分が入っているのが料理酒の特徴です。そのため、料理酒には肉や魚の臭みを取るだけではなく、味を調えてくれる効果もあります。

料理酒の代用として使えるもの

料理酒を使おうとしたけどなかった…と、料理中に気づくこともあるでしょう。実は、料理酒は他のお酒でも代用することが可能です。ここでは、料理酒の代わりとして使えるものをご紹介します。

日本酒
料理酒の代わりではなくても、あえて日本酒を料理酒として使うという人もいるほど、日本酒は料理に適しています。日本酒が持っているコクにより、料理の旨味がアップします。日本酒は、料理酒と同量で料理に使うことが可能です。
みりん
本みりんであれば、アルコール成分が含まれているため、料理酒の代わりとして使うことができます。料理酒の代わりとして使う場合は、料理酒と同じ量を使用しましょう。

ただし、みりんは甘みが強い調味料のため、砂糖を減らして味を調えるようにしてください。みりん風調味料もありますが、アルコール成分が入っていないため、料理酒の代わりには向いていません。

ワイン
白ワインであれば、癖が少ないため洋食にも和食にも利用できます。料理酒と同じ量を使って大丈夫です。

ただし、白ワインの中でも、フルーティーな香りや酸味が強いものは料理の味や風味が変わってしまう恐れがあります。料理酒の代わりとして使うなら、辛口で酸味が少ない白ワインを選びましょう。

ビール
料理によっては、ビールも、料理酒の代わりとして使うことができます。ビールには肉を柔らかくしてくれる効果があるため、特に肉料理に使うのがおすすめです。料理酒の代わりとして使う場合は、料理酒と同量を入れます。

レシピの「酒」は料理酒?日本酒?

レシピの使用する材料に「酒」とだけ書かれていた場合、料理酒を使えば良いのか?日本酒を使えば良いのか?悩む方が多いのではないでしょうか。レシピの材料に「酒」と記載されていたら、基本的に「日本酒」のことを意味します。そのため、酒と書かれていたら、日本酒の使用が適しているのです。

料理に日本酒を活用するメリット

料理に日本酒を使うイメージがあまりない…という方もいるかもしれません。料理に日本酒を活用することは、いくつかメリットがあるため、ご紹介します。

日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれている

まずメリットとして挙げられるのが、料理酒よりもアミノ酸が豊富に含まれていること。日本酒には、米由来のアミノ酸がたくさん含まれています。このアミノ酸が、料理に良い効果をもたらせてくれるのです。

日本酒の調理効果

旨味やコクが出やすくなる

日本酒には、アミノ酸の中でも旨味成分としても知られているグルタミン酸・コハク酸・アラニンなどが含まれています。日本酒を料理に使うことで、コクや旨味がアップします。

肉や魚などの臭みを消してくれる

料理に日本酒を入れると、お酒の香気成分や有機酸によって、素材の臭みが取れるというメリットがあります。そのため、日本酒は魚や肉を使った料理にも、適しています。

味が染み込みやすくなる

アルコールが食材に染み込む際、同時に他の調味料や旨味も染み込みやすくなります。

しかし、料理酒の場合は塩分が含まれているため、粒子の大きい砂糖は染み込みにくくなります。日本酒であれば、塩分が含まれていないので、味の染み込みを邪魔することがありません。そのため、料理酒よりも日本酒を使うことで、材料に味が染み込みやすくなるのです。

料理に上品な香りが加わる

日本酒には、糖類やアミノ酸が豊富に含まれています。この糖類やアミノ酸は、加熱することにより、料理に上品な風味をプラスしてくれますよ。

日本酒の調理効果と料理酒との違い

日本酒の調理効果料理酒と日本酒は同じものだと思う方もいるかもしれませんが、実は少し違いがあります。日本酒と料理酒の違いについて見てみましょう。

料理酒には塩分が加えられている

料理酒が日本酒と違う一番のポイントは「塩が添加されているものが多い」ということ。

料理酒の原料は「米」「米こうじ」「塩」の3つが基本で、塩は海水と同じ3%ほど含まれています。一方で日本酒は、「米」と「米こうじ」からできていて、塩分は含まれていません。

料理酒には甘味料・酸味料が加えられている

料理酒には、塩だけではなく甘味料や酸味料などの副原料が含まれているものもあり、料理に使うことで味を調える効果を持っています。

 

それ以外にも、一般的な料理酒の原料となるお米は日本酒と比べて磨きが少ないことや、アルコールが抑えられている場合があることも特徴です。料理酒を舐めてみると塩味・甘味が強く、日本酒のようなお米の風味はあまり感じられないでしょう。

料理酒は日本酒よりも安価なことが多い

日本酒は飲んで楽しむことが大前提のため、酒税法の対象となり酒税が課税されます。一方で、料理酒は塩分などが入っているため、酒税法の対象外となり調味料として扱われます。料理酒には酒税が課税されないため、日本酒よりも安価なものが多いのです。

また、酒税法上、塩を添加して飲めないようにすることで、酒類販売免許を持たないお店でも販売ができるという面もあります。

料理酒で代用する場合の注意点

料理酒で代用する場合は調味料を調整

レシピに「酒」と記載があり日本酒がない場合、料理酒でも代用はできます。

ただし、一般的な料理酒には、海水とほぼ同じ3%ほどの塩が加えられています。そのため、日本酒の代わりとして料理酒を使う場合、塩加減に注意しないと予想以上に味が濃くなってしまいます。

同様に、水アメなどの甘味料が入っている場合は、砂糖やみりんの量を調整することが必要です。料理酒を使うときは「日本酒と同じ」と思わずに、原材料の欄をよく見て、味付けのバランスを取るようにしてください。

料理酒に向く、日本酒の種類

日本酒といっても、造り方からその味わいまでタイプはさまざま。それでは、「料理に向いている日本酒」とは、どのようなものでしょうか。

お米の旨味がある純米酒がおすすめ

吟醸酒や大吟醸酒のように、精米歩合が高い日本酒は料理酒には向かないとされています。

酒米は、磨けば磨くほどに味わいがシャープになり、雑味が少なくなります。そのため、飲む場合には上品でキリッとした味わいを楽しめますが、お米の旨味も削られているため、料理に複雑な旨味を加えるには少し不十分な場合があるのです。

料理に日本酒を使うなら、お米の旨味がある純米酒がおすすめです。日本酒自体にどっしりとした程よいコクがあり、料理の味に深みを与えてくれるからです。

また、料理酒の塩や添加物が気になる方にとっても、純米酒を使えるなら安心ですね。特にアサリの酒蒸しのように大量のお酒を使う料理では、シンプルで味わい深い日本酒を使うことで、料理のグレードを上げることができそうです。

おわりに

和食の味のベースとなる「旨味」。日本酒を活用すると、素材の臭みを消すだけでなく、料理の旨味が増し、味わいを引き立ててくれます。

キッチンに純米酒がある日は、飲むだけでなく料理にも活用してみてください。きっといつも以上に「おいしい一品」ができ上がり、晩酌がますます楽しくなるでしょう!

料理におすすめの純米酒「米だけの酒 糀2倍の純米酒」

料理に活用できる日本酒をお探しであれば、沢の鶴「米だけの酒 糀2倍の純米酒」をおすすめします。その理由は、アミノ酸が通常の2倍以上含まれていること!「米だけの酒 糀2倍の純米酒」は通常の倍の量の麹を使用しています。麹は、米のたんぱく質をアミノ酸に変えるため、料理の旨味・コクをじゅうぶんに引き出してくれるのです。

もちろん、料理酒としてだけでなくおいしく飲んでいただける日本酒です。スッキリと飲みやすく、女性の方も親しみやすい味わい。料理酒として活用した後は、出来上がった料理と一緒に一杯、楽しんでみてはいかがでしょうか?

沢の鶴「米だけの酒 糀2倍の純米酒」紹介ページ

米だけの酒 糀2倍の純米酒パック 900ml
    • 純米酒
    • 2019年新商品

米だけの酒 糀2倍の純米酒パック 900ml

糀の、ほのかな甘みがやさしい日本酒。いつまでも、おいしい晩酌を楽しみたい。

アルコール分:
10.5度
飲みごろ温度:
10℃(花冷え)、45℃(上燗)

 

米だけの酒 糀2倍の純米酒パック 1.8L
    • 純米酒
    • 2019年新商品

米だけの酒 糀2倍の純米酒パック 1.8L

糀の、ほのかな甘みがやさしい日本酒。いつまでも、おいしい晩酌を楽しみたい。

アルコール分:
10.5度
飲みごろ温度:
10℃(花冷え)、45℃(上燗)

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.