「”新”杜氏代行からの挑戦状」へようこそ~!

日本酒に関するご自分の知識を試してみませんか?

杜氏代行の水瀬(右)森脇(左)

こんにちは。初めまして!
“新”杜氏代行の森脇と水瀬です。

日本酒好きを自認するアナタ。
または最近日本酒に興味が出てきたなぁ~というアナタ。
そんなアナタに、日本有数の酒処「灘」で日本酒造りをしている沢の鶴杜氏代行の誇りをかけて、
日本酒の知識に関する挑戦状を送ります!
毎月一問。
正解者には抽選で、すばらしいプレゼントを差しあげますので下記フォームからどんどん答えを送ってください。
結構難しいから覚悟してくださいね!


9月に入りまして、少し涼しさが感じられるようになったとはいえ、まだまだ残暑厳しいこの頃です。皆さんは元気に過ごされていますでしょうか。月見で一杯♪なんてのもいいですね。

プロフィール

森脇杜氏代行

森脇杜氏代行

島根県出身
 東京農業大学 醸造学科を卒業後、平成10年に沢の鶴入社。
 以後、乾蔵での吟醸造りや研究開発の仕事に携わっている。
 「日本酒は造るものではなく、育てるものである」を念頭に置き、
 仕事に取り組む。
 沢の鶴で好きな商品は 春秀・糀2倍の純米酒

水瀬杜氏代行

水瀬杜氏代行

岡山県出身
バイオ・食品化学系の専門学校を卒業後、
平成10年に沢の鶴入社、以後、瑞宝蔵、乾蔵にて酒造りに従事している。
「日本酒はチームワークで育つ」を念頭に置き、仕事に取り組む。
沢の鶴で好きな商品は 実楽・SHUSHU

9月のクイズ

今回は、水瀬より久々に「造り」についての問題です。

日本酒の醪の仕込みは、一度に全ての仕込みをせず、数回に分けて仕込む事により、安全に発酵させていく手法がとられます。
一般的には4日間で3回に分けて仕込む方法で、“三段仕込み”と言います。

1日目の仕込みを“初添(添え仕込み)”と言い、2日目を“踊り”、3日目を“仲添(仲仕込み)”、4日目を“留添(留仕込み)”と言います。三段階を4日間で仕込むのが普通です。
これは、一度に仕込むと、酒母中の酵母や酵素が薄められて、酵母の増殖が間に合わず、不要な雑菌が繁殖するおそれがあるからです。

問題です
仕込みが始まって2日目の“踊り”と言う日は何をするのでしょうか?

  1. 一日中、菌が入りやすいように、しっかり混ぜ続ける
  2. 一日中、低温を保つために、ずっと冷やし続ける
  3. 一日、何もしない

ヒント…この日の仕込みは“お休み”、ゆっくり増えていく酵母の増殖を待ちます。

皆さんのチャレンジお待ちしております。

chosen
お酒は20歳から。ごめんなさいね。未成年の方はご応募できませ〜ん。

今月のプレゼント

100人の唎酒師 720ml

沢の鶴が贈る、渾身の一杯「100人の唎酒師 720ml」

今月も、どど~んと太っ腹!!話題の新商品「 100人の唎酒師 720ml 1本」を1名様にプレゼントいたします。
8月のプレゼント当選者の発表は、9月10日に、このページで発表します。
そちらのチェックもお忘れなく・・・

では、皆さんからのチャレンジをお待ちしております。

入力内容はプレゼント当選のご案内、商品発送に使用致します。
その他の使用目的で利用することはありません。
プライバシーポリシー

※10月の「“新”杜氏代行からの挑戦状」は、10月1日公開になります。