「”新”杜氏代行からの挑戦状」へようこそ~!

日本酒に関するご自分の知識を試してみませんか?

杜氏代行の水瀬(右)森脇(左)

こんにちは。初めまして!
“新”杜氏代行の森脇と水瀬です。

日本酒好きを自認するアナタ。
または最近日本酒に興味が出てきたなぁ~というアナタ。
そんなアナタに、日本有数の酒処「灘」で日本酒造りをしている沢の鶴杜氏代行の誇りをかけて、
日本酒の知識に関する挑戦状を送ります!
毎月一問。
正解者には抽選で、すばらしいプレゼントを差しあげますので下記フォームからどんどん答えを送ってください。
結構難しいから覚悟してくださいね!


早いもので、今年も12月を残すのみとなりました。
また新たな年を迎える時期になりますが、新しい年は是非日本酒を飲んでお迎え下さい。

プロフィール

森脇杜氏代行

森脇杜氏代行

島根県出身
 東京農業大学 醸造学科を卒業後、平成10年に沢の鶴入社。
 以後、乾蔵での吟醸造りや研究開発の仕事に携わっている。
 「日本酒は造るものではなく、育てるものである」を念頭に置き、
 仕事に取り組む。
 沢の鶴で好きな商品は 春秀・糀2倍の純米酒

水瀬杜氏代行

水瀬杜氏代行

岡山県出身
バイオ・食品化学系の専門学校を卒業後、
平成10年に沢の鶴入社、以後、瑞宝蔵、乾蔵にて酒造りに従事している。
「日本酒はチームワークで育つ」を念頭に置き、仕事に取り組む。
沢の鶴で好きな商品は 実楽・SHUSHU

12月のクイズ

今回は私、森脇からの出題で、「お酒の神様」に関する問題です。

お正月は初詣の際に神社で振る舞われる「御神酒」や、酒樽の酒を振る舞う「鏡開き」、また家族で元旦に飲む「お屠蘇」など日本酒を飲む機会が非常に多く、1年のうち最も日本酒を身近に感じる時ではないでしょうか。
そのお正月用のお酒として12月にはスーパー等の店頭に日本酒が沢山並び、私達日本酒の会社の人にとっては、忙しいながらも嬉しい時期です。
日本酒がお正月に縁が深いのは神様に関係があります。
古くから、お酒は「清らかなもの」「神様の領域に近付けるもの」と捉えられてきました。神様にお願いをして教えを頂く「神事」が生活に浸透しており、その時には「御神酒」が供えられます。
更に、古来の日本ではお酒を造る行為そのものが神事として行われて来ました。昔の酒造りは各工程に専用の祠(ほこら)が用意され、工程ごとに祝詞をあげて醸されており、神様と日本酒は深い関りがあります。
その神様ですが、天照大神、七福神等、様々な神様がいらっしゃる様に、「お酒の神様」もいらっしゃいます。
今年の1月は社会状況を鑑みて行けませんでしたが、例年、年の初めには製造担当の社員が交代で「お酒の神様」が祀られている神社へお参りし、その年のお酒が無事に醸せる様に祈祷します。また、蔵内にも、その神社から頂いたお札が何カ所にも置かれています。

問題です
「お酒の神様」が祀られている神社は次の内どれでしょう?

  1. 松尾大社
  2. 伊雑宮(いざわのみや)
  3. 敏馬神社(みぬめじんじゃ)

ヒント…今回もノーヒントですが、3つの神社は全て沢の鶴に関係がありますので、色々調べてみて下さい。

皆さんのチャレンジお待ちしております。

chosen
お酒は20歳から。ごめんなさいね。未成年の方はご応募できませ〜ん。

今月のプレゼント

100人の唎酒師 720ml

「100人の唎酒師 720ml」

今月は、「 100人の唎酒師 720ml 1本」を1名様にプレゼントいたします。
11月のプレゼント当選者の発表は、12月13日に、このページで発表します。
そちらのチェックもお忘れなく・・・

では、皆さんからのチャレンジをお待ちしております。

入力内容はプレゼント当選のご案内、商品発送に使用致します。
その他の使用目的で利用することはありません。
プライバシーポリシー

※新年1月の「“新”杜氏代行からの挑戦状」は、1月5日公開になります。