「”新”杜氏代行からの挑戦状」へようこそ~!

日本酒に関するご自分の知識を試してみませんか?

杜氏代行の水瀬(右)森脇(左)

こんにちは。初めまして!
“新”杜氏代行の森脇と水瀬です。

日本酒好きを自認するアナタ。
または最近日本酒に興味が出てきたなぁ~というアナタ。
そんなアナタに、日本有数の酒処「灘」で日本酒造りをしている沢の鶴杜氏代行の誇りをかけて、
日本酒の知識に関する挑戦状を送ります!
毎月一問。
正解者には抽選で、すばらしいプレゼントを差しあげますので下記フォームからどんどん答えを送ってください。
結構難しいから覚悟してくださいね!


新年のご挨拶を申し上げます。
昨年は『沢の鶴』をご愛飲頂きましてありがとうございました。
本年も皆様のご期待に応えられるよう酒造りに邁進していきたいと思っておりますので
宜しくお願い致します。

プロフィール

森脇杜氏代行

森脇杜氏代行

島根県出身
 東京農業大学 醸造学科を卒業後、平成10年に沢の鶴入社。
 以後、乾蔵での吟醸造りや研究開発の仕事に携わっている。
 「日本酒は造るものではなく、育てるものである」を念頭に置き、
 仕事に取り組む。
 沢の鶴で好きな商品は 春秀・糀2倍の純米酒

水瀬杜氏代行

水瀬杜氏代行

岡山県出身
バイオ・食品化学系の専門学校を卒業後、
平成10年に沢の鶴入社、以後、瑞宝蔵、乾蔵にて酒造りに従事している。
「日本酒はチームワークで育つ」を念頭に置き、仕事に取り組む。
沢の鶴で好きな商品は 実楽・SHUSHU

1月のクイズ

令和3年 最初のクイズは水瀬よりの出題いたします。

今回は激ムズも問題かもしれませんよ~(#^.^#)。新年の「祝い酒」でも飲みながら、ゆっくりと考えてみてください。

問題です

お酒造りには、もう皆さんご存知の通り米・米麹・水を原料として発酵させる訳ですが、お米は白米を洗米して、浸漬(白米を水に漬けて吸水させる事)をした後、水切りをします。
 その後はお米を蒸気で蒸して、麹米や仕込みに使用できる米の状態にするのですが、通常食べているお米は炊いて食べますよね。

ではなぜ、日本酒を仕込むときにはお米を蒸して使用するのでしょうか?その理由をお答えください。
 
激ムズ問題のリクエストも多かったので、今回はノーヒントの書き問題です。
皆さんのチャレンジお待ちしております。

chosen
お酒は20歳から。ごめんなさいね。未成年の方はご応募できませ〜ん。

今月のプレゼント

100人の唎酒師 720ml

沢の鶴が贈る、渾身の一杯「100人の唎酒師 720ml」

今月は、どど~んと太っ腹!!話題の新商品「 100人の唎酒師 720ml 1本」を1名様にプレゼントいたします。
12月のプレゼント当選者の発表は、1月12日に、このページで発表します。
そちらのチェックもお忘れなく・・・

では、皆さんからのチャレンジをお待ちしております。

入力内容はプレゼント当選のご案内、商品発送に使用致します。
その他の使用目的で利用することはありません。
プライバシーポリシー

※2月の「“新”杜氏代行からの挑戦状」は、2月1日公開になります。