「”新”杜氏代行からの挑戦状」結果発表!

こんにちは。杜氏代行の森脇と水瀬です。

2月の問題は・・・

日本酒の資格に関する問題でしたね?
たくさんの回答をいただき、ありがとうございました。

プレゼント当選者は、現在、厳正なる抽選中!
当選発表は、3月10日。
しばらくお待ちください。
 
さあ、2月の問題には、もうチャレンジしてくれたかな?
たくさんのご回答お待ちしております。

2月の問題と解答

Q 問題

日本酒のソムリエ的な資格である唎酒師。沢の鶴には100人以上の唎酒師がおり、その数は酒造会社の中でもトップを誇ります。それだけ、日本酒を愛し、お客様に日本酒の良さを広めたいと思う社員が多いという事です。
唎酒師になるには、講習会や通信教育で知識を得た後、試験に合格しなければなりません。
そこで「日本酒は好きだけど、試験は難しそう…」と思われる方にお勧めの資格を紹介します。
それは「日本酒ナビゲーター」という資格で、唎酒師と同じく日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(略してS・S・I)が認定しています。
「日本酒ナビゲーター」の役割は日本酒のファンとして日本酒を愛し、周囲の人にも日本酒の良さを知ってもらい、日本酒の世界にナビゲートする事です。
唎酒師が試験に合格しなければならないのに対して、「日本酒ナビゲーター」は「?」という唎酒師の上位資格を持つ講師の講義を受ける事で認定されます。いわば気軽にとれる「準唎酒師」の様な資格です。日本酒好きとして何か形になるものが欲しいと思われる方、まずは「日本酒ナビゲーター」の取得を目指されてはいかがでしょうか?

それでは問題です。
日本酒ナビゲーターは次のうち、どの資格を持つ講師の講義を受ける事で認定されるのでしょうか?

  1. 酒匠
  2. 国際唎酒師
  3. 日本酒学講師

A 答えは...

正解は3.日本酒学講師(にほんしゅがくこうし)です。

日本酒学講師は唎酒師の上位資格で、日本酒の知識だけでなく講師としてのスキルを備えた、いわばお酒の先生の資格です。
日本酒学講師には講師として必要な立居振舞から、話し方、企画力、お酒に関する高いレベルの知識等が求められます。
酒造会社の中で唎酒師の人数でトップを誇る沢の鶴ですが、日本酒学講師も現在10名在籍し、こちらも酒造会社で一番多い人数です。
因みに私、森脇も「自分達の造ったお酒の良さを、もっと多くの人に広めたい。」との思いから、日本酒学講師の資格を取得しております。
日本酒学講師による「日本酒ナビゲーター講習会」は全国各地で開催されており、中にはオンラインでセミナーを行う方もいらっしゃいます。
また、日本酒の資格としてはテイスティングの専門家資格である「酒匠(さかしょう)」や、外国の方に日本酒の良さを伝える「国際唎酒師」等、他にも色々あります。
資格取得を目指して勉強する事で、より一層日本酒の美味しさ、楽しさを知る事が出来ます。
「日本酒好きとして、何か形になるものが欲しい」という方、是非、日本酒ナビゲーターを始め、日本酒の資格取得を目指してみて下さい!

chosen_2

杜氏代行からの挑戦状は、毎月お送りしています。
次は、あなたが当選者かもしれませんよ!