沢の鶴オンラインショップ > 沢の鶴物語

享保二年、浪速十人両替の一人、米屋平右衛門の別家は※のマークを掲げ、副業で酒を灘の西郷で造り始めました。「沢の鶴」の始まりです。

気候、風土、立地などいくつもの好条件が重なった灘。灘が日本一の酒どころと言われ、灘の酒が江戸で人気を博した理由には、灘の人たちのたゆまぬ品質へのこだわりがありました。 そして、それは「沢の鶴」に、今なお息づいています。

沢の鶴は、「日本酒は世界に誇ることのできる文化」であると考えています。様々な情報を発信し、日本酒文化の創造にも力を入れています。