「杜氏代行からの挑戦状」へようこそ~!

日本酒に関するご自分の知識を試してみませんか?

杜氏代行の牧野

こんにちは。杜氏代行の牧野です。

日本酒好きを自認するアナタ。
または最近日本酒に興味が出てきたなぁ~というアナタ。
そんなアナタに、日本有数の酒処「灘」で日本酒をつくり続けてン十年という沢の鶴杜氏代行の誇りをかけて、
日本酒の知識に関する挑戦状を送ります!
毎月一問。
正解者には抽選で、すばらしいプレゼントを差しあげますので下記フォームからどんどん答えを送ってください。
結構難しいから覚悟してくださいね!

*杜氏とは、日本酒造りの最高責任者のことをいう。沢の鶴では、丹波流の伝統を継承した杜氏代行者が、酒造りの指揮を執っています。

10月のクイズ

 最近のコメント欄にも商品や酒質等の質問が増えてきています。
と言う訳で、最近いろいろな酒蔵で、限定商品として売られている“無濾過生原酒”と言う商品についてのお話しです。これは限定でしか出せない理由が有ります。

 この酒質のキーワードを“無濾過”“生”“原酒”の3つに分けて考えましょう。
“生”とは、日本酒は最後に“火入れ”と言われる殺菌を行います。これにより各菌が死滅して味の変化を止めます。これを行わないのが“生酒”です。
 “原酒”とは、お酒は貯蔵したあと、瓶詰前に割水と言ってアルコール度数を調整してから、商品にします。この割水で調整を行わない、できたままの度数のお酒を“原酒”と言います。

 それでは問題です。“無濾過”は“むろか”と読みますが、さてどういう意味でしょう?

  1. お米を使っていないお酒
  2. 麹室(こうじむろ)の香りをつけたお酒
  3. 濾過(ろか)をしていないお酒

【ヒント】
一般的な日本酒の工程でこれを行わないと、色がついていたり、細かなカスが入っていたりします。調整のためには必要な作業です。

追申

コメントの欄にも、クイズに関係なく何でも書き込んでください。その中に今後のクイズを作成するヒントになるものも有りますので、必ず全部読ませていただいています。いつも楽しいコメントを有難うございます。

chosen
お酒は20歳から。ごめんなさいね。未成年の方はご応募できませ〜ん。

今月のプレゼント

特別純米酒 実楽山田錦 300ml

特別純米酒 実楽山田錦 300ml

今月も「特別純米酒 実楽山田錦 300ml」を1名様にプレゼントいたします。プレゼント当選者の発表は、2018年11月15日発表予定です。

先月のプレゼント当選者の発表は、10月15日。このページで発表します。そちらのチェックもお忘れなく・・・

では、皆さんからのチャレンジをお待ちしております。

入力内容はプレゼント当選のご案内、商品発送に使用致します。
その他の使用目的で利用することはありません。
プライバシーポリシー