2018.10.15日本酒に合うおつまみレシピ

カロリー控えめ!日本酒にぴったりのヘルシーおつまみレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あじのなめろう

健康には気を遣いたいけれど、晩酌はやめられない……そんな方にとって、晩酌のお供選びはとても重要ですよね。おつまみを食べずにお酒だけを楽しむ方法もありますが、深酔いのもとになるため、あまりおすすめできません。なにより、お気に入りのつまみと一緒に晩酌を楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、日本酒に合う、カロリー控えめで健康的な、ヘルシーおつまみレシピをご紹介します!

日本酒に合う、カロリー控えめ・ヘルシーおつまみ3選

1.日本酒好きがうなる!あじのなめろう

もとは房総半島の漁師さん考案のメニューですが、今では和食屋や日本酒を扱う居酒屋で人気のおつまみ。あじをたたいて、薬味と味噌で和えた一品です。日本酒に合うのは言わずもがな、カロリー控えめな上に栄養もばっちりで、実は家でも簡単に作れるおつまみなのです。

まずはしょうが・ネギ・みょうがをみじん切りにして、味噌と混ぜます。味噌は小さじ1程度にして、塩分を調整すると良いでしょう。少しだけ日本酒を入れると、薬味となじみやすくなります。
あじはスーパーで売っている刺身用でOK。包丁で細かくたたきます。少し歯ごたえがある方がお好きな方は粗めに、ペースト状が良い方は時間をかけて。最後に薬味と和えれば、完成です!
味噌は発酵食品なので、日本酒と好相性!しょうが・ネギ・みょうがはあじの生臭さを消してくれるだけでなく、風味が良いアクセントになり、日本酒に合います。特に、よく冷やした辛口のお酒がおすすめです。

2.タラと豆腐の「揚げない」揚げ出し豆腐

タラと豆腐の揚げない揚げ出し豆腐タラはたんぱく質、ビタミンDが豊富なのに脂肪が少なく低カロリー。豆腐は健康食品の代表格です。そんなタラと豆腐なのに、揚げたら油で覆われて一気にカロリーが…?大丈夫、これからご紹介するのは、「揚げない」揚げ出し豆腐です!

タラは食べやすい大きさに切り、適量の塩、日本酒をまぶします。豆腐はキッチンペーパーで包んで表面の水分をよく取ってから、1丁を6等分くらいにカット。厚みも半分にします。
カットしたタラと豆腐の表面全体に片栗粉をまぶし、油を敷いたフライパンで焼きます。豆腐を返す際は、崩れないように慎重に。
両面に焼き目が付けてから希釈しためんつゆを入れ、とろみが出てきたら完成です。大根おろしや刻んだネギを盛り付けましょう。

豆腐は消化に良いので、遅い時間に飲むときのおつまみにぴったり。口あたりが軽めの、さっぱりとした純米酒に合わせるのがおすすめです。

3.長芋とオクラのネバネバ明太子和え

長芋とオクラのネバネバ明太子和えお酒を飲むときは少し腹持ちするおつまみを食べたい、という方におすすめのメニューです。長芋はミネラル、ビタミン、食物繊維などが豊富に含まれており、芋類の中ではカロリーが控えめ。オクラも、食物繊維などの栄養成分が豊富です。

長芋は皮をむいて細切りにします。オクラは塩を入れて下茹でし、冷めてから輪切りに。明太子の中身を取り出して、しょうゆ・酢少々と合わせ、長芋・オクラと一緒に和えます。
長芋とオクラ、明太子の食感がネバネバ、シャキシャキと絶妙に合わさり、食欲をそそります。明太子の塩気ある味わいは、辛口の日本酒に特にぴったりです。

おわりに

せっかくお酒の量を抑えても、カロリーの高いおつまみを一緒に食べてしまっては意味がありません。かと言って、淡泊なヘルシーおつまみばかりでは、せっかくの晩酌の時間も楽しめなくなってしまいます。晩酌は日本酒という方は、今回ご紹介したような、カロリー控えめでも日本酒によく合うおつまみを作ってみてはいかがでしょうか。健康を意識しつつも無理な我慢はせず、晩酌の時間を心おきなく楽しんでくださいね。
※レシピの画像はイメージです

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。