2018.09.03日本酒を知ろう

日本酒の旬を楽しもう!夏の「生酒」の特徴と「生貯蔵酒」との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒の旬

酒蔵や銘柄、造られた季節などによって味わいや香りがさまざまな日本酒。気温も高く蒸し暑い夏には、風味が爽やかでさっぱりとした味わいのお酒が恋しくなるのでは。

そこで今回は、夏におすすめしたい「生酒」、「生貯蔵酒」の特徴と、おいしく飲むポイントをご紹介します。ぜひ、夏の日本酒を堪能してみてください。

「生酒」と「生貯蔵酒」の違いは?

生酒、生貯蔵酒は、同じ「生」がつくお酒ではありますが、具体的にはどのような特徴や違いがあるのでしょうか。

生酒

通常の日本酒は、お酒自体の品質を安定させるために加熱処理をしています。この加熱処理は「火入れ」と呼ばれており、多くの日本酒においては、お酒が出来上がって、貯蔵する前に一度、出荷する前に二度目の火入れを行ないます。

一方、生酒は一切火入れを行なわない「生」のお酒です。そのため、しぼりたての新鮮な香り・味わいを堪能できます。

生貯蔵酒

生貯蔵酒は、貯蔵前の火入れは行なわず、出荷する前に一度だけ火入れを行なうお酒です。日本酒としての旨味が生きている生酒に、もっとも近いお酒といえます。
「生」とつく日本酒の中では、品質管理が比較的しやすいことも特徴です。

旬の日本酒!夏の「生酒」はどんなお酒?

夏の生酒生酒は、出荷される四季によってさまざまな味わいの特徴を楽しむことができます。

夏の生酒は、冬から春先にかけてしぼったあと、低温で熟成させ、夏を迎える時期に出荷される日本酒です。

製造工程で火入れを一切行わないため、爽やかでみずみずしい風味を楽しむことができます。まさに暑い夏にぴったりの日本酒ではないでしょうか。

生酒、生貯蔵酒をおいしく飲むには

生酒をおいしく飲むポイントでは最後に、生酒や生貯蔵酒をよりおいしく飲むためのポイントをご紹介します。清涼感のあるお酒と一緒に、夏を楽しみましょう!

よく冷やす

特に生酒は一度も火入れをしていないため、とてもデリケートなお酒です。温度の変化で風味や香りが変わってしまう可能性があります。日本酒のおいしさを損なわないよう、購入したらすぐ冷蔵庫で保管しよく冷やしましょう。冷蔵庫でよく冷やすことで、生酒や生貯蔵酒のフレッシュな味わいがより引き立ちます。

鮮度を保つ

開封されて空気に触れた日本酒は、それまで隠れていた香りが出てくるのと同時に、少しずつですが劣化も進んでしまいます。そのため、鮮度があるうちに飲み切ってしまうことも日本酒をおいしく飲むポイントです。

生酒は、生きた酵母が特徴のお酒です。酸化すると味わいが落ちてしまいますので、特に早めに飲み切ることをおすすめします。

夏らしい演出を楽しむ

夏の日本酒を味わうのであれば、見た目も夏らしく演出してみませんか?例えば、ガラスで作られた酒器や小ぶりのワイングラスを使えば、とても涼しげです。料理を並べるお皿もガラス食器に統一すると、食卓も夏らしく華やぎますね。

オン・ザ・ロックで飲む

グラスに氷を入れて、オン・ザ・ロックで楽しんでみてはいかがでしょうか。生酒・生貯蔵酒のオン・ザ・ロックは、フレッシュな風味はそのままに味わいもやさしくなり、夏の喉を潤してくれます。氷を少しずつ溶かしてゆっくり飲むと、変化する味わいを楽しめますよ。

おわりに

夏の「生酒」の特徴や「生貯蔵酒」との違い、鮮度を保っておいしく飲むポイントをご紹介しました。
生酒・生貯蔵酒は香りや味わいがフレッシュで、夏にぴったりの清涼感ある日本酒です。飲むときにはよく冷やして、「生」の特徴を生かして飲んでいただきたいですね。涼しげなグラスに氷を入れて、オンザロックで飲む楽しみ方も、夏は特におすすめです。ぜひ試してみてください。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。