2018.12.23日本酒を楽しもう

しぼりたての日本酒を味わおう!冬限定・新酒の楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬限定・新酒の楽しみ方
寒い冬の季節がやってきました。厳しい寒さを越えるために脂肪を蓄えた海の幸など、おいしい冬の味覚に出合える時期ですね。そして、冬はしぼりたての新酒が出回るため、日本酒にとって特別な季節でもあります。

今回は、しぼりたての新酒の魅力や、よりおいしく新酒を味わうための楽しみ方をお伝えします。

冬は新酒を味わえる季節

暦の上での1年のはじまりは1月1日ですが、多くの企業や学校の1年間のはじまりは4月1日です。実は日本酒造りにも、酒造年度(醸造年度)という1年の区切りがあります。

 

日本酒造りは7月1日からカウントされ、翌年の6月30日までが1年とされています。秋に収穫される新米を使って日本酒が造られ、初めてしぼられるのが大体12月から翌年1月までの冬の期間です。

新酒やしぼりたての定義はさまざまですが、この時期に出来上がったばかりの日本酒を、新酒やしぼりたてと呼びます。

しぼりたての日本酒はどんな味わい?

しぼりたての日本酒の味わい
しぼりたての日本酒は、貯蔵期間が短いためフレッシュな風味が特長です。

華やかな香り、すっきりとした味わい

通常の日本酒に比べるとコクや深みは少ないものの、そのぶん、果実酒のようなフルーティな香りや甘く華やかな香り、爽やかですっきりとした飲み口が魅力です。

フレッシュでライトな日本酒がお好きな方は、ぜひしぼりたての新酒の味わいを試してみてください。普段は濃厚な口あたりの日本酒を好む方にも、ひやおろしや熟成酒との違いを味わってもらいたいですね。

ただし、しぼりたての新酒は、デリケートなお酒です。香りや味わいが変化しやすいため、冷蔵庫で管理し、開栓後はできるだけ早く飲み切ることをおすすめします。

新酒のおいしい楽しみ方

新酒に合う旬のおつまみと一緒に
しぼりたての新酒は、キリッと冷やして飲むのがおすすめです。

さらにおいしく楽しんでいただくために、お伝えしたいポイントがあります。

新酒に合う旬のおつまみと一緒に

お酒をよりおいしく楽しむためには、おつまみ選びが重要です。新酒は、若々しくみずみずしい味わいが特徴のお酒です。味の濃いものよりも素材の味を生かした料理であれば、和・洋・中、すべての料理とのマリアージュを楽しむことができます。

中でもおすすめは、旬の食材と合わせることです。1月にもっとも脂がのるといわれているクエ、寒ブリ、マグロなどの魚介類は、爽やかな味わいの新酒とベストマッチ。口の中をさっぱりさせてくれる効果もあるため、どんどん杯が進みそうですね。

和らぎ水で深酔い防止

飲み口が軽く、いくらでも飲めてしまうような飲みやすさが魅力の新酒。それだけに気を付けていただきたいのが、知らず知らずのうちに飲みすぎてしまうことです。せっかくおいしいお酒を飲んでも深酔いをして翌日に味を覚えていない、二日酔いが辛い、となってしまうのは避けたいところですよね。そのためには、「和らぎ水」が効果的です。

和らぎ水とは、お酒の合間に飲む水のことをいいます。合間に水を飲むことで体内にゆっくりとアルコールが吸収されるため、深酔い防止になります。また、次の1杯や料理への口直しの効果もあります。より楽しく、よりおいしくお酒と食事を楽しめるというわけですね。

目安としては、1杯日本酒を飲んだら、同量の和らぎ水を飲むと良いでしょう。

おわりに

日本酒は1年を通して楽しめるお酒ですが、しぼりたての新酒は冬の一時期にしか楽しむことができません。この機会にぜひ、新酒のみずみずしさを味わってみてはいかがでしょう。これまで日本酒が少し苦手と感じていた方に、新酒は特におすすめしたいお酒です。きっと、お酒の楽しみ方の幅が広がりますよ。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。