2019.08.12日本酒を楽しもう

日本酒が海外で人気な理由は?外国人に日本酒をおすすめしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人と日本酒和食(日本食)は、2013年に無形文化遺産に登録されました。それをきっかけに、海外でますます和食ブームに。和食に注目が集まったことで、日本酒も人気が出てきています。

今回は、日本酒が海外で人気な理由と、外国人に日本酒をおすすめするときの選び方などをご紹介します。

 

 

日本酒は海外でどう評価されている?

日本酒の輸出総額は222億円(2018年度)で、9年連続で最高額を記録。この数字は、10年前の約3倍で、海外で日本酒を飲む機会が増えていることが分かります。

数量ベースでみても、2018年は25,700klで、一升瓶に換算すると約1,400万本もの輸出量を誇っています。

 

輸出国の中では、アメリカが輸出額63億円で1位。次いで、香港、中国、韓国、台湾と、アジアの国が上位を占めています。

 

近年、日本酒に注目が集まっていることにより、酒蔵も海外進出しています。正しい日本酒の飲み方やたくさんの種類の日本酒が広まったことにより、日本酒はおいしいということが認知されてきています。その影響から、現在、日本酒は海外で高い評価を受けているのです。

 

日本酒が海外で人気な理由

海外で人気の日本酒日本食ブームによって海外で日本食レストランが増加したことがきっかけになり、日本酒もブームに火がついたといわれています。アメリカでは高級な日本料理店が増え、日本酒にはハイエンドなイメージがつきました。高級日本料理店で日本酒を楽しむことが憧れにもなっています。

 

海外ではかつて日本酒の品質管理が行き届いていなかった影響から、日本酒にあまり良いイメージを持っていない方がほとんどでした。近年は、劣化のないお酒を提供できているため、日本酒の人気が上昇しています。

華やかな香りが楽しめる吟醸系の日本酒が人気の主流ですが、純米酒や古酒といった日本酒も評価されてきているようです。

 

外国人に日本酒をおすすめしてみよう

日本酒で乾杯海外から日本に観光に来ている方に、日本酒をおすすめしてみませんか。日本酒は、日本から海外へのお土産にも喜ばれるでしょう。ここでは、海外の方に日本酒をおすすめする際のポイントをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

出身地で飲まれているお酒に合わせて

アメリカではさまざまなお酒が飲まれていますが、中でもライトビールを楽しむ方は多いでしょう。ライトビールは日本のビールよりも、のどごしも口あたりも爽やか。そのため、アメリカ出身の方には、ライトビール同様に軽快な口あたりの日本酒が好まれるでしょう。

 

フランスやイタリアなどのヨーロッパでは、ワインが主流です。フレッシュなワインが好きな方には、生酒や吟醸酒。フルボディのワインが好みの方には、生酛(きもと)造りの日本酒やコクのあるタイプの純米酒が良いでしょう。

季節の和食と合わせて

料理に季節感を表現するのが、和食の特徴の1つです。旬の食材を使った和食は、もちろん日本酒とぴったり。いろどり豊かな季節の和食に感動される外国の方は多いため、合わせて楽しめる日本酒をおすすめできると良いでしょう。

 

春であれば、たけのこや菜の花など、夏は、そらまめやとうもろこしなどを使った和食料理と一緒に日本酒を楽しむことができます。秋は、さんまや栗と一緒に、冬であれば、大根やあん肝などを使った鍋と一緒に味わうのはいかがでしょうか。ホームパーティで楽しむのも良いですね。

出身地の料理とのマリアージュ

世界の食文化ともマッチする日本酒。和食だけではなく、出身地の料理とのマリアージュをおすすめすると喜ばれるかもしれません。

例えば、カルパッチョと吟醸酒、タイ料理と燗につけた純米酒、スパイシーなカレーと古酒といった、意外な組み合わせが楽しめます。

 

おわりに

今回は、日本酒が海外で人気の理由や、外国人に日本酒をすすめるときの選び方をご紹介しました。

海外の方にお土産を渡すときや日本文化を伝える場面があれば、ぜひ日本酒をおすすめしてみてください。日本酒の酒器はワイングラスもおしゃれですが、一緒に徳利や陶器でできた酒器をプレゼントすると、さらに喜ばれるのではないでしょうか。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。