2019.02.04日本酒を楽しもう

日本酒で簡単カクテルを楽しもう!日本酒カクテルレシピ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒カクテルレシピ

近ごろ、日本酒カクテルに注目が集まっていることをご存じでしょうか。

日本酒はそのまま飲むイメージが強いお酒ですが、カクテルのベースとしてもおいしく楽しめます!この機会にぜひ、日本酒カクテルを試して、日本酒の魅力を再発見してみませんか?

今回は、ご自宅で簡単に作れる日本酒カクテルレシピをご紹介します。

 

日本酒がカクテルにも向いている理由

日本酒はカクテルのベースにとても向いています。その理由をいくつかあげてみましょう。

・仕上がりの色に影響しない「透明感」

・お米だけでできているという「シンプルな味わい」

・甘みと酸味の「程よいバランス」

このような日本酒ならではの特徴を利用し、キッチンにある材料で「ひと工夫」を加えることで、簡単に日本酒カクテルを作ることができるのです。

 

日本酒カクテルレシピ5選

それでは、おすすめのカクテルレシピをご紹介します。使用する日本酒は好きな銘柄や自宅にある種類のものでOKですが、おすすめは「原酒」です。原酒は加水していないため、アルコール度数が高く味わいも濃厚。カクテルベースに使うことで、日本酒本来の味わいが薄まることなく楽しめます。

 

日本酒×トニックウォーター

まずは基本のレシピです。

それは、日本酒とトニックウォーターを、氷のたっぷり入ったグラスに1:1で注ぐだけというもの。

日本酒の深いコクと、トニックウォーターのほのかな甘さが、驚くほどの相性の良さを見せてくれます。

 

日本酒×グリーンティー

日本酒×グリーンティー日本酒ロックに、グリーンティーのリキュールをスプーン2杯。これだけで、なんとも「和」な雰囲気の、美しいカクテルが完成します。

 

口あたりがまろやかなので、日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめ。仕上げにレモンかライムのスライスを添えると、香りがきゅっと引き締まり、完成度が上がりますよ。

 

 

日本酒×生搾りフルーツ

日本酒ベースのカクテルに相性抜群なのが、生搾りのフルーツです。

グレープフルーツ、レモン、キウイフルーツなどをギュッと搾り、果肉ごと日本酒に入れましょう。色合いが鮮やかで、飲みやすいカクテルに仕上がります。

 

ロックでもおいしいですし、ソーダ・トニックウォーターで割ると、スッキリとして飲みやすくなります。甘みが欲しい場合は、少しだけガムシロップを加えてみてくださいね。

 

日本酒×乳酸飲料

日本酒×カルピス日本酒と乳酸飲料の原液を5:1の割合で割り、軽くかき混ぜると、さわやかなカクテルになります。

 

大きな氷を入れてオン・ザ・ロックにしたり、たっぷりのソーダを加えてさわやかに仕上げたりと、アレンジも可能です。また、カシスやオレンジなどの色味のあるリキュールを上からほんの少し垂らし、マーブル模様にして楽しむのも良いですね!

 

日本酒と乳酸飲料の、甘みと酸味が絶妙にマッチしたおすすめの一杯です。

日本酒×ヨーグルト

乳酸飲料よりももっと「濃厚」なカクテルを作れるのが、ヨーグルト。程よい甘酸っぱさはもちろん、美容や健康にも良さそうと、女性にも人気です。

 

作り方はとても簡単で、よく冷やした日本酒をグラスに入れ、そこに加糖ヨーグルトドリンクかヨーグルトそのままを加え、軽く混ぜるだけ。薄くならずに、少しずつ楽しめます。

色味がさみしいときは、レモングラスやミントなどのハーブの葉を浮かべてみましょう。ホームパーティーなどでも喜ばれる、おしゃれなカクテルの完成です。

 

日本酒カクテルを楽しもう!

日本酒カクテルは、日本酒らしい味わいを残したまま飲みやすさがアップするため、普段はあまり日本酒を飲む機会がない方や、苦手意識があるという方にもおすすめです。

また、これから日本酒を試してみたいという方の「はじめの一杯」としてもぴったり。

 

華やかな色のカクテルを女子会でふるまったり、日本酒に興味を持つ外国人の友人に作ってあげたりすると、より喜ばれるのではないでしょうか。

 

おわりに

今回ご紹介した日本酒カクテルは材料が手に入りやすく、比較的簡単に作れるレシピです。今日はちょっと味を変えてみたいな、いただきものの日本酒が残っているな、という日にはぜひ挑戦してみてください。

日本酒の可能性にワクワクすること、間違いなしですよ。

 

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。