2018.09.03日本酒を楽しもう

夏は「日本酒ロック」!スッキリ飲みやすい日本酒の飲み方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本酒ロックの飲み方

暑い夏は、スッキリしたお酒が飲みたくなりますよね。そこで今回は、夏ならではのちょっとステキな飲み方、「日本酒ロック」をご紹介します。
「日本酒に氷を入れるの?」と思う方がいるかもしれませんが、まだ飲んだことのない方に一度は試してほしい日本酒ロック。日本酒通の間では昔から親しまれていた、粋な飲み方ともいえます。

日本酒ロックが夏におすすめの理由

日本酒は、温度を変えて楽しめるのが魅力です。例えば、カンカンに熱したお燗からキリッと冷やした冷酒まで、季節や好みによりさまざま。日本酒ロックは、日本酒に氷を入れてつくる「一番冷たい日本酒」です。見た目も涼やかで、夏にピッタリですよ!

飲みやすく、爽やかな風味を楽しめる

日本酒ロックは、のどを潤す冷たさと、お米の風味を一度に感じることができます。そして、この飲みやすさこそが、日本酒ロックを暑い夏におすすめしたい一番の理由です。
氷を入れることで口あたりがまろやかになるため、日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめ。
飲みやすくなるだけでなく、風味が爽やかになり、スッキリとした清涼感を味わえます。

酔いざめが良い

日本酒ロックは、飲むにつれて少しずつ氷が溶けていき、適度にアルコール度数が下がります。そのため、酔いざめがよくあとに残りにくい、という特徴があります。

飲みやすいためついつい杯を重ねてしまいますが、アルコール度数を下げながら楽しめるなら翌日の心配も減りますね!

日本酒&氷にこだわる

日本酒ロックをつくるときにおすすめしたいポイントは2つ。それは、日本酒と氷の選び方です。

日本酒は「原酒」がおすすめ

日本酒ロックにより適しているのは、「原酒」です。原酒はしぼったお酒にいっさい加水しないものになります。

原酒はそのままでももちろんおいしく飲むことができますが、ロックで飲むとちがった味の変化を楽しむことができます。氷が溶けるときにお酒と水分がなじみ、だんだんとまろやかな味わいに。

大きめの氷、天然氷でさらにおいしく

日本酒ロックに使う氷は、大きめで、溶けたときに日本酒の味を落とさないものを選びましょう。理想は、自然の寒さでつくられる天然氷です。天然氷を入手することは難しい…という場合は、市販の氷を用意してみてください。

氷が日本酒に徐々に溶けだし、飲み始めと飲み終わりの味の変化が楽しめるのも、日本酒ロックの醍醐味です。

夏におすすめ!日本酒ロックのおすすめアレンジ

日本酒と氷だけでつくられる、シンプルな日本酒ロック。ここからは、その魅力をさらに深ぼりするための、おいしいアレンジをご紹介します。

ライムを入れてつくる、極上の「サムライロック」

サムライロックロックグラスに大きな氷を入れて、日本酒とライムジュースを注ぎ、マドラーでゆっくりかき混ぜます。割合は「日本酒5:ライムジュース1」が基本ですが、ライムジュースの甘さによってお好きな濃さにしてみてください。
また、お好みで生のライムを絞ると、ドライで切れ味の良いサムライロックに仕上がります。

相性の良さにびっくり!「日本酒×カシス」

日本酒×カシス氷で満たしたグラス半分に日本酒を注ぎ、トニックウォーターを入れます。そしてカシスリキュールを小さじ1杯ほど入れると、鮮やかなグラデーションが楽しめる、極上の日本酒カクテルが完成!

仕上げにレモンスライスを加えると、爽やかさがアップしておすすめです。トニックウォーターの炭酸が日本酒に溶け込み、カシスとレモンの甘酸っぱさがアクセントとなる、夏らしい1杯です。

おわりに

見た目も涼しく、暑い夏にピッタリの日本酒ロック。氷を入れても味わいが損なわれることはなく、むしろ日本酒のおいしさが引き立つ飲み方です。ぜひ今夏は、グラスの中でカランコロンと氷を転がしながら、スッキリ飲みやすい日本酒ロックで涼をとってみてくださいね!

 

日本酒ロックにぴったり!「純米原酒 生貯蔵酒」

日本酒ロックでぜひ飲んでいただきたい1本が、沢の鶴「純米原酒 生貯蔵酒」です。純米原酒 生貯蔵酒は、アルコール度数18.5度の原酒。オン・ザ・ロックにすると、米の旨味はそのままに、口あたりがまろやかになり、飲みやすくなります。

貯蔵前に火入れを行わない生貯蔵酒のため、みずみずしく軽快な味わいが楽しめます。まさに、夏に楽しむ日本酒ロックにぴったりの1本!料理やつまみとも合わせやすく、毎日気軽に楽しめる味わいです。

夏らしいグラスやガラス酒器に氷を浮かべ、「純米原酒 生貯蔵酒」を味わってみませんか?春夏のみの期間限定販売です!

沢の鶴「純米原酒生貯蔵酒」

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。