2018.09.10日本酒を楽しもう

お肉と日本酒のマリアージュを楽しもう!肉料理に合う日本酒の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉料理に合う日本酒の選び方

「日本酒に合う料理」と聞くと、どんな料理を思い浮かべますか?魚料理や和食をイメージする方が多いかもしれませんが、日本酒は肉料理と合わせて楽しむのもおすすめです。

今回は、日本酒と肉料理のおすすめな組み合わせをご紹介します。特別な日の外食や普段の夕食で、お肉と日本酒のマリアージュを楽しんでみませんか?

日本酒の種類によって料理を合わせよう

日本酒に合う料理は、日本酒の種類によって変わります。まずは、種類ごとに違いのある日本酒の味わいや特徴を見ていきましょう。

日本酒は、原料や醸造方法などによってさまざまな種類に分けられますが、ここでは大きく4つに分類してご紹介します。

・吟醸酒
・純米酒
・本醸造酒
・普通酒

吟醸酒

米と米麹、水、またはこれらと醸造アルコールで造られているお酒です。精米歩合は60%以下。米をさらに磨いた精米歩合50%以下のお酒は、「大吟醸酒」に区分されます。
華やかな香りが特徴的で、さっぱりとした素材の料理に合わせるのがおすすめです。

純米酒

純米酒は、米、米麹、水のみを原料にした日本酒。吟醸酒と異なる点は、醸造アルコールを加えていないことと、精米歩合に規定がないことです。
醸造アルコールを原料に含まない吟醸酒は「純米吟醸酒」、「純米大吟醸酒」で、純米酒に区分されます。

純米酒の魅力は、お米のふくよかな味わいとコク。さまざまな料理に合わせやすいといえますが、特に濃い味付けの料理にぴったりです。

本醸造酒

本醸造酒は、米、米麹、水、醸造アルコールを原料とした日本酒です。純米酒との違いは、精米歩合が70%以下であることと、添加できる醸造アルコールの量に規定があります。

本醸造酒は、香りが程よくスッキリしているため、日本酒初心者の方にも飲みやすいでしょう。繊細な味付けの肉料理や、素材の味をそのまま楽しめる料理と相性が抜群です。

普通酒

これまでお伝えした本醸造酒や純米酒は、精米歩合や麹米の使用割合、醸造アルコールの添加量などに制約がある「特定名称酒」です。
一方、普通酒は、この特定名称酒に当てはまらない日本酒のことを指します。

原料や製造方法に規制がない分、酒蔵ごとの特色が出しやすく、さまざまなタイプの普通酒が造られています。基本的には、毎日飲んでも飽きがこないように造られていますので、どのような種類の料理にも合わせやすいのが特徴です。

肉料理に合う日本酒を選ぶポイント

日本酒の大まかな特徴がつかめたところで、肉料理に合わせる際のポイントをご紹介します。

ステーキに合わせるなら「味わい重視の純米吟醸酒」

ステーキに合わせる味付けの濃い肉料理や、ジューシーなステーキなどに合わせるなら、純米酒が良いでしょう。純米酒の中でも深いコクと旨み、香りのおだやかな、味わい重視の「純米吟醸酒」がおすすめです。
また、味付けが濃くなくても、肉自体の味が濃厚な鹿肉や猪肉などのジビエ料理にもよく合います。

「ステーキには赤ワイン」というイメージを持っている方は、日本酒との相性の良さにきっと驚くことでしょう。

しゃぶしゃぶには「吟醸酒」がぴったり

程よく肉の油が落ちたしゃぶしゃぶには、スッキリとした味わいの「吟醸酒」がおすすめです。
他にも、あっさりとした味付けの鍋料理全般、塩味の焼き鳥などにも吟醸酒をおすすめします。

焼肉を食べるなら「純米酒」「本醸造酒」で

焼肉に合わせる濃い味付けのタレで食べる焼肉には、ステーキ同様に「純米酒」が良いでしょう。また、
焼肉は味が濃いだけではなく脂分も多いため、口中をスッキリさせてくれる「本醸造酒」もおすすめです。

他にも、タレ味の焼き鳥にも純米酒がよく合います。

おわりに

今回は、肉料理に合う日本酒についてご紹介しました。
日本酒は数多くの種類があり、その種類ごとに特徴や風味が変わるため、相性の良い肉料理も異なります。自分にとってベストマッチな、肉料理と日本酒のマリアージュを見つけてみてはいかがでしょうか。

沢の鶴のお酒についてはこちら

沢の鶴はおかげさまで創業三百年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
酒みづき編集部

酒みづき編集部

もっと日本酒が好きになる、日本酒の魅力を発信しています。