造りについて

お酒は造るものではなく“育てるもの”。

作業風景

米を育て、磨き、蒸す。そこに糖化を進める「麹菌」や、発酵を進めるために必要な「酵母菌」の力を借りて、日本酒は造られていきます。つまり酵母菌という微生物が糖分を食べて、自然にアルコールを生み出すのです。その過程は、まさに“生き物を育てるような感覚”といえばいいでしょうか。私たちは、まるで自分の子どもを育てるかのように、お酒を見つめ、ときに手を差し伸べ、自分の手を離れるまでともに過ごすのです。
そのため沢の鶴では、酒造りとは「人づくり」だと考えています。酒蔵で働く人たちは若いうちから先輩の下で人間性を磨き、農家で米を学び、水やお酒の状態を見つめ、酒造りを覚えていくなかで、一人前の社員に育っていきます。こんな風に脈々と繰り返されてきた300年の営みが、今日の沢の鶴を造っています。

沢の鶴の杜氏代行おすすめの商品

沢の鶴の杜氏代行お気に入りの商品はこちら。

特別純米酒 実楽山田錦

商品を見る

特別純米酒 播州山田錦 生貯蔵酒

商品を見る

米だけの酒

商品を見る

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。