神戸guideトップへ

淡路ワールドパークおのころ

さて淡路島紹介の最後を飾るのは、世界中をまわる旅をテーマにしたテーマパーク「淡路ワールドパークおのころ」 旅行好きの人には、「アーッ、ここ知ってる!」「こんなところもあるの?!」など、楽しめる事うけあいです。 津名一宮ICから車で15分。淡路ICからでも、海岸線を下って30分なので、海を眺めながらのドライブも楽しそうですね。

おのころとは、日本書紀や古事記に登場する「おのころ島」のこと、淡路のどこかにあると言われており、イザナギとイザナミによって作られた“日本の国生みの原点”なのだそうです。そして国造りがはじまり、淡路、四国、隠岐、九州、本州を誕生させたそうです。勉強になりますね。

ここの一番の顔といってもいい「ミニチュアワールド」では、世界の有名な建物が25分の1のスケールで18基も展示されていて、その巧妙な作りには目を見張るものがあります。ピサの斜塔、ノートルダム寺院、バッキンガム宮殿、万里の長城など、あなたはいくつ知ってますか?

「童話の森」では、8つの童話のワンシーンを森の中で再現。まるでメルヘンの国に迷い込んだようです。赤ずきんちゃん、おやゆび姫、3匹のこぶたなど、誰もが知っているテーマばかり。懐かしいですね。物語を思い出しながら楽しんで下さい。

そしてテーマパークのお約束といえば、やっぱりライドアトラクションですよね。 オススメはなんといっても、海に面している観覧車とワールドクルーズ。ワールドクルーズは、小さな船に揺られながら、世界の美しい運河や海岸風景を眺めるクルージングです。お手軽な世界旅行が楽しめますよ。

旅好きの方には「兼高かおる旅の資料館」もオススメ。世界中を旅したジャーナリスト兼高かおる氏が、1959年から1990年にかけてTVで放映された「兼高かおる世界の旅」の取材を通じて集めた、衣装や民芸品の数々が展示されています。

また、「万里の長城」の奧にヘリポートがあります。まさか・・と思ったら、なんとへリコプターに乗れるんです!3分間の遊覧飛行で、お値段も3000円とお手頃。乗ってみたい〜と思いましたが、残念ながら時間に間に合わず。開催してない時期もあるようなので、スケジュールはホームページでチェックして下さいね。それではよい旅を!

データ
詳しくは「淡路ワールドパークおのころのホームページ」をご覧下さい。

Copyright SAWANOTSURU CO.,LTD. All Rights Reserved.
back next

ホームページへ戻る サイトマップ