神戸guideトップへ

人と防災未来センター/なぎさ公園

今回は、神戸東部新都心であるHAT神戸内にある「人と防災未来センター」をご紹介します。

この建物は阪神・淡路大震災の経験と教訓を後世に伝え、今後起こりうる災害による被害を軽減するため、平成14年4月に建てられたとのこと。目を見張るべきはその外観。「防災未来館」と「ひと未来館」の二つの建物が並んでいるのですが、特に全面ガラス張りで、スケルトンなキューブが水に浮いてるみたいに見える「防災未来館」はちょっと斬新です。

外観にばかりに見とれている場合ではないのです。 さっそく、見学に向かいましょう。両館とも入場料は500円(大人)。両館券だと800円とちょっとお得です。

両館とも見学するならまずは「防災未来館」から。なぜかというとメインの「1.17シアター」にかなりインパクトがあるからです。 正直、若干気持ちが落ち込みます。「震災直後のまち」の実物大ジオラマ模型が結構リアルなのも手伝っているかもしれません。本当に災害について考えたくなります。地震に関するいろいろな資料も見ることができ勉強になりました。

そしてお隣の「ひと未来館」では自然、人、コミュニケーションの3つのゾーンで「いのち」について共に考え、体験することができます。こちらは音や香りでやすらげたり、いのちあるものへの感動と喜びを再発見させてくれたりと、ホッとあったかい体験ができるはず。大いに癒されて帰りましょう。

見学が終わったあとは海岸沿いに広がるなぎさ公園で、海でも見ながらゆっくりした時間を過ごしてみるのもいいですね。いつもとはちょっと違う何かを考えながら・・。

詳しくは「人と防災未来センターのホームページ」をご覧下さい。
 
Copyright SAWANOTSURU CO.,LTD. All Rights Reserved.
back next

ホームページへ戻る サイトマップ