神戸guideトップへ

八幡神社/六甲道界隈

阪急六甲駅を降りてすぐ南側に広がる森が、六甲八幡神社の森です。「太平記」の摩耶合戦(赤松軍が六波羅軍を破った歴史的な戦い)の場面で出てくる「八幡林」がここなんですって。

祭神は、八幡大神、天照大神、春日大神。1月に行われる「厄除大祭」は近郊から10万人を越える参拝者が集まるほど、厄払いで有名な神社です。そんな中「イチハラヒロコ恋みくじ」や「ハローキティおまもり」などちょっと変わったお楽しみもあるのが魅力ですね。

八幡神社の参道を通って商店街を南下していくと、JR六甲道駅付近にでます。

阪神大震災でこの一帯は相当なダメージを受けましたが、ここ数年で急速に再開発が進み、全く新しい街として生まれ変わったようです。 広いロータリーの周りにドドーンと大型の商業複合施設が建ち並んでいて、かなり活気があります。大手飲食チェーンの出店が進む一方、路地に一歩入ると隠れ家的なビストロなども点在していて、なかなか楽しい雰囲気ですよ。

核になる施設は3つ。「フォレスタ」と「ウエルブ六甲道1番街〜6番街」は、住宅と商業施設の複合体で、フォレスタの2階には図書館があります。そして「Jモール」はJR高架の下にあるショッピングモールで、生鮮食料品やお総菜が充実しています。

他にもボーリング場があったり商店街があったりと、東副都心部に位置づけられているだけに散策のし甲斐がありますよ。

アクセス
 
Copyright SAWANOTSURU CO.,LTD. All Rights Reserved.
back next

ホームページへ戻る サイトマップ