神戸guideトップへ

都賀川散策/灘丸山公園

都賀川(とががわ)は全長約7km、六甲山頂に源流があります。その伏流水は、灘の酒の仕込み用水にも使われたほど清流だったとのこと。川沿いはきれいに舗装されていて、散歩や水遊びにもってこい。所々に作られている公園で、ワイワイとバーベキューする姿もちらほらと見受けられます。

灘は六甲山系から流れ出る河川に恵まれた地域であり、西から生田川、都賀川、石屋川、住吉川、芦屋川などが並び、早くから油絞りの水車が稼動していました。江戸時代にはこの水車を米の精白にも活かしたことによって(米つき水車)、従来の足踏み精米とは比較にならないほど精白度の高い米を、しかも大量に造り出すことが可能になり、おいしい灘酒の誕生に結びついたんですって。

神戸にたくさんの川があったおかげで、灘の酒が美味しく発展してきたと言っても過言ではないのですね。

この都賀川下流が、灘五郷の中でも西郷と呼ばれるエリアで、沢の鶴はこの西郷の代表的な酒蔵です。川沿いの気ままな散歩が、途中から風情ある酒蔵めぐりに変わる・・なんてちょっと素敵ですよね。余談ですが、米つき水車は「沢の鶴資料館」に行けば見ることができますよ。

また都賀川上流付近には、一面に芝生を敷き詰めた灘丸山(なだまるやま)公園があります。坂はきついですが、高台になっているのですごく良い景色。一汗かいて上ってみる価値はありますよ。お弁当など持っていけば、ちょっとしたピクニック気分だって味わえます。もちろん夜景もオススメですが、たまにイノシシに出くわすこともあるそうなのでご注意下さい。

また西側へ少し足を伸ばせば摩耶ケーブルの駅も近いので、そのままケーブルに乗って空中散歩もありですね。桜の季節なら、ケーブル駅のすぐ東側にある坂道“桜トンネル”も超オススメ。閑静な住宅街の道に桜並木がずらりと並んでいて、まるで桜の花のトンネルを通りぬけるような景色はまさに圧巻ですよ。

 

アクセス
Copyright SAWANOTSURU CO.,LTD. All Rights Reserved.
back next

ホームページへ戻る サイトマップ