神戸guideトップへ

水の科学博物館
 

神戸市水道局内の敷地にある「神戸市 水の科学博物館」は、生命にとってかけがえのない水、そして暮らしに欠かせない水道について理解を深め、楽しく学べる展示施設です。

噴水がある南欧風の外観は、どこかヨーロッパの広場に遊びに来たような感覚でなかなかおしゃれ。

建物内部は2階建てになっており、1階はウォーターサイエンスゾーンとテーマシアター、2階は水とくらしのゾーン、水と環境・生命のゾーン、アクアサロンという構成になっています。水とくらしのゾーンでは、体感タイプのマシンで水道について楽しく学べたり、ふだんの生活の中で、洗濯したり歯を磨いたりするときに使う水の量などが、目で見てわかるように展示されたりしています。こうして目で見せられると、「こりゃ使いすぎだ〜節水しなきゃ」って実感させられるもんですね。

水と環境・生命のゾーンでひときわ目を引くのが、奧の壁一面を使ったアクアイリュージョン。前に置いてあるパソコンを使って、自分で描いた魚をその場で泳がせる事ができるんです。イラストで描かれた魚がたくさん泳いでいて、中にはかなりいびつなものも・・個性のある魚ばかりでおもしろいですよね。

ウォーターサイエンスゾーンは、なんだか小学校の時の理科の実験を思い出します。ここでは様々な水の実験を通して水の不思議を体感できます。

ハイブリッド3Dシアターでは、メインキャラクターの「ミックル」たちが、来場者を水の不思議な世界に案内する「水のものがたり」が上映されてます。ミュージカルのような、水の博物館ならではのエンディングには、ちょっとした驚きと感動がありますよ。

アクセス
●開館時間 9:30〜16:30(入場は16時まで)
●休館日 月曜日(ただし月曜日が休日・祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
●入館料 大人:200円 小人(6才以上18才未満):100円

詳しくは「水の科学博物館のホームページ」をご覧下さい。

Copyright SAWANOTSURU CO.,LTD. All Rights Reserved.
back next

ホームページへ戻る サイトマップ