神戸guideトップへ

トアロード

さて、三宮お買物物語も最終話。今回はトアロードです。

北野地区と旧居留地を結んで南北に走るトアロードは、“神戸のハイカラ文化”発祥の地でした。神戸の代表的な観光スポットの異人館街はかつて外国人が生活した街、海岸通り一帯の旧居留地はオフィス街、そしてトアロードが通勤路だったそうです。もともとは「三宮筋通」と呼ばれていたそうですが、一説によると坂の突き当たりに「トアホテル」というホテルがあって(今はありません)、そこに行くまでの道ってことで「トアロード」と呼ばれるようになったのでは?と言われているそうです。

さて、トアロードにもたくさんステキなお店が並んでいますが、若い世代にとって、最近このエリアで一番アツイのがトアウエスト。トアロードと鯉川筋に挟まれた一帯です。狭い道のあちらこちらに、小さいけれど個性的なお店がたくさん集まっています。

小さなブロックですが、結構おしゃれな雑貨屋や古着屋、インポートショップ、バー、レストランなどがあります。ファッションテイスト的には、単にトレンドを追いかけているのでも、先を行き過ぎるのでもなく、オリジナリティのある独自のトアウエストスタイルを築いているように思えます。震災後は新しい店がたくさん出来て、さらにパワーアップしました。有名なお店なんかもチラホラでき始めましたよね。

カフェやオープンテラス、南京街に負けない穴場的な中華料理屋さんなども随所にあるので、お気に入りをさがして下さいね!

また、トアロードを山に向かって歩いていくと、北野工房のまちや北野異人館などがあり、異国情緒漂う神戸を満喫できますよ。(詳しくは「北野・異人館編」をご覧下さい。)

アクセス

詳しくは「トアロードのホームページ 」をご覧下さい。

back next

ホームページへ戻る サイトマップ