神戸guideトップへ

生田神社

今回はショッピングモードからちょっと一息ついて、生田神社をご紹介します。

生田ロードを北上していくと、東急ハンズを越えて、真っ赤な鳥居が見えてきました。ここ生田神社にまつられている神様は稚日女尊(わかひるめのみこと)といい、稚く瑞々しい日の女神様であり、伊勢神宮にまつられている天照皇大神の御幼名とも伝えられているそうです。

神社の歴史は古く、西暦201年に神功皇后が三韓外征の帰途、神戸港でお船が進まなくなったため神占を行ったところ、稚日女尊が現れ「われは活田長峡国におらむと海上五十狭茅に命じて生田の地に祭らしめ。」と日本書紀に記されているとのこと。

「生田の森」には樹齢300年の巨木があり、他の巨木と共に森を形成しています。震災の影響を受けて、建物はかなりの被害を受けましたが、森の木はびくともしなかったそうです。昔から和歌にもよく読まれており、歴史を感じさせてくれますよね。

さて気になる御利益ですが、縁結び、健康長寿、商売繁盛、など。他にもプロ野球チームのオリックス・ブルーウェーブが、毎年必勝祈願にくることでも有名ですよね。ちなみに縁結びのお守りは、男性は白、女性は赤をそれぞれ受け取ると二人は結ばれるらしいですよ。(いつかゼッタイ試してやるぞ!)

そして何と言っても神戸の人にとっては、JR神戸駅のすぐ近くにある湊川神社と並ぶ、お正月の初詣スポット!その賑わいはまさに窒息寸前の人だかりです。(でも意地でもおみくじは引くぞ!)

なお神社を取り巻く周辺は、「東門街」を中心に居酒屋、バー、カラオケ、スナック、ライブハウスなどのナイトスポットが集結。サラリーマンなど会社帰りの人でにぎわってます。

アクセス

詳しくは「生田神社のホームページ」をご覧下さい。

back next

ホームページへ戻る サイトマップ