神戸guideトップへ

コーヒー博物館
 
 

「UCCコーヒー博物館」へ足を運びます。ここは日本で唯一のコーヒー専門の博物館で、1981年にポートアイランドで開催されたポートピア博覧会に出展した、巨大なコーヒーカップを模した「UCCコーヒー館」を改装したものです。

テーマごとに展示室が1〜6まであり、1から、起源、栽培、流通、加工、文化、情報の順番で回っていきます。コーヒーの歴史や製造方法、おいしい飲み方などがわかりやすく展示されています。

ちなみに私が個人的に一番関心を持ったのは焙煎。アメリカンって“薄く入れたコーヒー”だとずっと思ってたのですが(えっ違うの?)、“軽く焙煎してある豆で入れた”コーヒーのことでした。ちなみに一番焙煎時間が長いのが、最近よく飲まれているエスプレッソ用の豆だそうです。

展示を最後まで見終えると、最後の展示室にパソコンでのクイズが用意されています。問題は5問。正解数に応じて写真入りの認定証がもらえるので、ぜひ挑戦してみて下さいね。喫茶室では、展示にも出てくる世界各国のコーヒーを楽しむことができ、博物館ならではのスペシャルメニューも用意されています。歴史の重みを感じながら飲むコーヒーも、ありがたい感じがしていいもんですよ。(あ〜、コーヒー飲みたくなってきた。)

アクセス
 

詳しくは「コーヒー博物館のホームページ」をご覧下さい。

back next

ホームページへ戻る サイトマップ