神戸guideトップへ

須磨浦公園

須磨浦公園は、須磨海岸から鉢伏山を中心に広がる広大な公園。松林が広がる園内は、源平一ノ谷の古戦場として知られており、往時をしのばせる「戦の浜碑」や「敦盛塚」があります。

ほかにも与謝蕪村句碑、松尾芭蕉蝸牛句碑、正岡子規・高浜虚子師弟句碑など、文学・歴史好きの方にとっては興味深い史跡がたくさん見られます。また神戸随一の桜の名所としても有名です。

そしてロープウェイ(山陽電車須磨浦公園駅発)と二人乗りのゴンドラ「カーレーター」を乗り継いで、着いた所は「回転展望閣」。山上からの眺めはまた格別です。3Fが展望室になっているのですが、まわりを360度見渡せるガラス張りの部屋自体がゆっくりと回転しています。明石海峡や淡路島までくっきり見渡せてかなりの絶景。ここから望む須磨海岸もすばらしいです。喫茶室にもなっているので、お茶でも飲みながらゆったり景色を楽しみましょう。六甲山から見る景色とはまた違った雰囲気が楽しめますよ。

さらにそこから観光リフトで上に上がると、そこは「須磨浦山上遊園地」。サイクルモノレール、ミニカーランド、チェーンタワーなど、おとなも子供も楽しめる遊戯施設がいっぱいです。かと思えば梅林には松尾芭蕉にちなんだ「句碑の細道」があったりと情緒も豊かですよ。

自然がいっぱいの須磨浦公園は、「ゆったりする」って言葉がホントにぴったりの場所。 時間を忘れて楽しんで下さいね。


アクセス

須磨浦山上遊園地
●営業時間  10:00〜17:00(ただし季節により変更あり))
●休園日  火曜(祝日の場合は翌日休。春休み・ゴールデンウィーク・お盆休みの期間は営業)
●入場無料
●料金 
ロープウェイ 往復700円(小人350円)
カーレーター 往復300円
回転展望閣 大人100円 小人50円

back next

ホームページへ戻る サイトマップ