神戸guideトップへ

五色塚古墳

古墳なんて写真でしか見たことないって人、結構たくさんいませんか? もちろん私もその一人。一番大きい古墳は何でしたっけ?あっ仁徳天皇陵の前方後円墳ですね。

今回ご紹介する古墳もその前方後円墳なのです。兵庫県下最大の古墳で、墳丘の大きさは全長194m、前方部の幅81m・高さ11.5m、後円部の直径125m・高さ18mで、周囲に幅約10mの堀をめぐらせています。 仁徳天皇陵とほぼ同時期の4世紀末から5世紀の初めに築造され、地方豪族の墓と云われているらしいです。

JR垂水駅、山陽電車「山陽垂水」駅から北西の方向。住宅が建ち並ぶ高台に位 置します。少し道が入り組んでいますので迷うよー。(私もさんざん迷いました。) しっかり調べてから行きましょう。

現在の古墳は造られた当時の様子をかなり忠実に復元したもので、見学用の階段部分以外一切コンクリートは使用されていないそうです。前方部は線路があるため一部復元できなかったらしいですが、それでも十分デカい!

表面にはコブシくらいの大きさの葺石(ふきいし)が223万個も敷き詰められ、3段に築かれた墳丘のうち、下段は地山を前方後円形に掘り残し、中段および上段は盛土を行っています。下段の斜面 には小さな石を葺き、中段および上段の斜面には大きな石が葺かれています。
後円部の墳頂部には、復元された円筒埴輪たち(合成樹脂製)が、ぐるりと周りを囲んでいます。造られた当時は1段目にも2段目にも埴輪が置かれていたそうで、その総数約2200本と言われています。その光景、ちょっと見てみたい気が・・。 入口の事務所では、出土した物の展示や、復興作業時の写真の展示も見ることができます。

高台にあるので墳頂部からの景色は最高!もちろん明石海峡大橋や淡路島もバッチリ見えます。近所の人たちにとっては初日の出のメッカでもあるそうなので、このお正月、機会があればぜひどうぞ。

 


アクセス

五色塚古墳
●入館料 無料
●休館日 月曜日および 12月29日〜1月3日

交通アクセス等、詳しくは「神戸市垂水区」のページをご覧下さい。

back next

ホームページへ戻る サイトマップ