神戸guideトップへ

海岸通り散策

ビックスポットをまわった後は、海岸通りを散策なんていかがですか?

第3突堤近くにある。神戸税関はかなり古い作り。看板が右から左に書いてあります。

旧館1階には「見て、触って、学んで」をコンセプトにした展示室があり、一般に無料開放されています。ブランド品の本物とニセ物を見分ける機械、密輸品を探すコーナーなんかもあるんですよ。そして税務署の前には国道174号線。なんと全長187.1m!ちゃんと「日本で一番短い国道です」との看板まで立っています。神戸港が開港した明治時代初期からあったそうで(国道指定は昭和28年)、当初はJR三宮駅と神戸税関を結んでいた道路でしたが、国道2号線のルート変更に伴い、昭和45年に「フラワーロード」部分が県道になり、現在の長さになったそうです。

この海岸通周辺は、あちこちに立つガス灯や歴史を感じるレトロなムードがとってもいい感じ。

きれいなタイルで舗装された2号線の歩道には、所々に銅像が建っていたり写真があったり、目の保養や歴史の勉強になることまちがいなしです。そしてメリケン波止場のほど近くには、幕末期に勝海舟が設立し、あの坂本龍馬や陸奥宗光などが軍艦の操作を学んだ神戸海軍繰練所跡が。ここで学んだ知識が後の海援隊での活躍につながったんですよ。海の先にある外国へ思いを馳せていた志士たちの姿が目に浮かぶよう。せっかくなので見に行っちゃいましょう。

そしてなんと言っても一番の見所といえば、暗くなってからのこの辺り一帯のライトアップです。

ポートタワーもモザイクの観覧車も六甲の山に浮かび上がるシンボルマークも見逃せない。なぜか何度見てもうっとりです。

Copyright SAWANOTSURU CO.,LTD. All Rights Reserved.
back next

ホームページへ戻る サイトマップ